宝槻美代子オフィシャルブログ

ぼけ防止にバッハは有効

めんどくさいことは人はしないね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうおばあさんも施設に入れちゃお。
昨日から電卓持って計算しまくってるが、ほら、こういう根性の悪いこどもなんかいるとこうやって施設に入れられちゃうんだよ。だから家族なんかつくるな、と上野千鶴子は言ってるが、それもどうなの?少子化が止まらない
こうも少子化になると移民を受け入れるか、機械に頼るかしか先がないように思われる。あるいは抜本的に「降りる」という手があるが、それは誰も望まない。後ろに前進とか難しいんだよ
・・・・・・・・・・・・・・・
こんな「根性の悪い子ども」も繁殖したんだから良しと、ね、税金も払ってるいるしね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもは3人以上作れ、文句言わないで育てろ、親は死ぬまでどんなにボケても家で見ろ、それ出来ないなら死刑、くらいに決めないと。
みんなさしたる理由もなく結婚しない人が増えてるし、老人施設はいっぱい。めんどくさいことはしたくないですからね。
子ども作りましょう、とかいっても「お誘い」くらいじゃやらないよ。「命令」じゃなきゃ。親は最後まで自宅で見ましょう、ではなく見なくてはいけない、
あるいは家で見ないと隣近所に何言われるかわからない、とか子なきは3年で去れ、とか無体な枷でもないと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今は「多様な」生き方を認める時代ですからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「めんどくさい」ことをする、ということの「社会的意味」をずっと考えてきた。
それは往々にして「弱者」に押し付けられてきたが、そして社会とはどうやってその「弱者」を見つけるかのシステムである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女であるとか、出身の家が低いとか、頭悪いとか、低学歴とか、人種だとか、まあよくも考えてくれるよな、私など日本にいれば日本人である、くらいの得しかないが、だから家事も育児も老人介護もやっているがさ。
だからこそ「うたって」いる。うたうくらいしか思いつかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
おばあさんに夕飯を持ってくと、今日デイサービス先でうたを褒められた話をする。「こんなきれいな声の人はいません、ほうつきさん、特別な声だから」とか褒められたらしいが。
こっちは褒められなくてもうたってんだよ、とますますイライラする。
あっちこっちにいろんなものがなくなっては出てくる。上下違うパジャマを着てる意味が分からないが、もうなんでもいいよね。意味なんかない。
私のこと姉だと思っていて、孫は上の子は知ってるが、下のはいつもごろごろしてる大きい人とかいう(当たってるが)
・・・・・・・・・・・・
私はボケ防止に今月から毎日バッハをさらうことにしてます。
イタリアン・コンチェルトの3楽章です。絶対効く。両手均等に使うからね。古典派以降のモノフォニックな音楽じゃだめだと思う。うたは効かないと思う。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇