宝槻美代子オフィシャルブログ

結婚しよう2

 いっぱいブログを更新するように言われているのでしてるんだが、こんなこと趣味にしてる声楽家はダメだと思いつつ、家族関係の社会学書籍を読む趣味がやめられない。昨日はジャズピアノ習いに行った帰りについつい東大の学食で2時間も山田昌弘を読んでしまい(壮大な「ドン・カルロ」学習計画は初日から頓挫)おまけに東大生協書籍部でもう一冊買ってしまい(ここの品揃えは知ってる限り社会学に関して最高)しかし東大生、絶対帽子マスク率低い。そういう「弱い人が頼りがちなアイテム」に頼らなくてもいいんだろうが(もっと行けば入れ墨だったり顔面ピアスだったりするんだろうけど、そこまで行く勇気もないのに、なんかコホコホみたいなのが私は一番しみったれてて嫌いであるね)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 東大生きっと風邪もひきにくいんだろうよ。風邪に頼る、という状態の人々っているよね。病気が仕事みたいな。アスペって風邪ひきにくいと私は思ってるが、その辺の事情もあるのかもしれない。共感性が低いと病気になりにくいとかいう統計はないのか。いや、軟口蓋がむやみに上がっているのかもしれない。それ下がるとダメダメ親和性の渦になる。私は下がっている人間だと思いながら頭おかしいくらいに上げないと出来ない声楽をやっている。それは「修行」であり、最近は思う、だからこそ「できる仕事もある」。私は私のできる仕事を死ぬまで誠実に遂行しようと思っている、「出来ないことがよくわかってきた」というのが最近の成果である、もうタイムアップな部分とできることの毎日のせめぎあいであるね。本読んでる場合ではないのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 片働きになってしまった我が家なので、消費を控えてたわけだが、昨日コールドルチェのピアニストが東京音大の助手になれたお祝い飲み会にプレゼントを上野松坂屋(自転車で行けるので)に買いに行ったんだが、私のほとんど唯一の服買いたいポイント、4階イナバヨシエ・レキップショップに行ったら、あれやこれやで20万も消費してしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私はバブルのころ大学生だったので、母親に1万以下のスカートとか「安物買いの銭失い」なのでやめなさい、ときつく言い渡されていた。で、稼げもしないのに父親の金で銀座の阪急(昔のほうの)でいい服買ってもらったりしてたが、別に似合いもせず(いや、似合わないんだからいいもの着ましょうということか)で何がしたかったんだろう、うちの母親は。「安く見られてはいけない」というようなことだったと思うが、私にとってはどうでもいいことだった。私は当時(も今もだが)ピアノが下手なことを一番気にかけてたので。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なんにもいらないからピアノがうまくなりたかった。そしてそれは理不尽な言い分なのは重々承知だが、この母親にもう少し「知見」があれれば、私のピアノはもう少しましになっていただろう、例えば3歳から「桐朋学園子供のための音楽教室」に入れてくれるとか。「安く」ならなくなるってそういうことさ、金で買えるような買えないようなその先を「買ってくれない」なら西新井アリオで駄々をこねてひっくり返って泣き叫ぶ子どものように、私は永遠に「買ってもらえなかったこと」に腹を立てている、こら。誰か叱ってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 しかし「階層」を何段階も自分一人の器量と力量で上がってきた私の母親はそれはそれで「哲学」を持っており(「顔と金の交換」と社会学者小倉千加子が言ってる)その捨て身の上昇志向はあっぱれである。今でも爪は爪切りで切らない、なんかやすりみたいなものできれいにしている。朝は顔を洗い、化粧から始める(ちなみに私は年に15回くらいしか化粧をしない)居汚い女というのから一番遠い、家の中も潔癖なまでにキレイ、日中ごろごろしない(私はゴロゴロしかしてない)そう、昔のめかけのような「女」を職業とする人、なのであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 無職者を食客として抱えるというジェンダー史上最大の難行を成し遂げようとしている(結構私の周りに入るが)いや、男の皆さんはフツウやっている専業主婦と暮らすということだが、ほんとにビヨンド・ジェンダー、それ「失敗だった」ととらえてる私がいる限りダメだろう。私はこの生活を「成功」させて、そこに旗を立てて帰って(どこへ)来たいのである。そこで地球は青かったくらいのことはいいたい。そして後進の皆さんにぜひ新しい「女の生き方」を提案したい、夢は大きいのである。私たちは捨て石であった、「主婦」は幸せにはなれない。進んでいく「体」はだれも止められないからである。だがまずいことに「気持ち」は止められる、「意志の力」で。女はそういうところ強いのである。
・・・・・・・・・・・・・
でもそこで「それ(意志の力)」使わない提案をできたらなあ。今家族は混迷の時代である。この先の「言葉」を時代は待っているのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 待っていてほしい、私はきっとこの「結婚」の意味を本当に知るときが来ると思う。
一言でいうならわたしの「臨界」であったなあ。でも若い君たち、人生は除染でも冷却でもなく、爆発だよ!
・・・・・・・・・・・
 結婚したい人はこちらへhttp://figaro-party.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

結婚しよう!

http://figaro-party.com

このたび音楽演奏付き婚活パーティサイトを立ち上げましたので、クラシック音楽に興味があっておまけに結婚したい人はぜひ一回目にご参加ください。

若者の9割は結婚したいと思っている・・と山田昌弘先生の著作にあるが、もうわかりやすすぎて恐縮だが、結局1974年までのたかだか20年の高度経済成長期の日本を日本人は忘れられず、成長してあれこれ買ってくれる旦那に家のことは全部やるし子供も育てて親の学歴を超えるようにできた専業主婦モデルが年功序列が崩れ始める頃からほろほろ壊れていくわけだが、それを微調整してでもまだ保てたのは1990年までであり、さてもうそういう強靭な収入がある旦那も少なくなったことだし、女も別に働きたくもないが働く(世の中のほとんどの仕事はつまらない。人の収入で遊んで暮らせるなら楽しいに決まってるし、それを悪びれないで「真面目」にやれるアホはそんなにいなくなったって?いや、いる。うちに、三ノ輪の銭湯に昼から行ったりして楽しそうだが、一緒に行こうよ、と誘ってくれるが、ごめん仕事があって行けないわ)

で、そう、その結婚をしたいが、親元での豊かな暮らしを捨ててまで一緒になりたい人もないし、親元の暮らしを上回る暮らしをさせてくれて、家で遊んでられておまけに伊勢丹とかで好きなもの買いたい、とか無理だろう、いや、そんなこと目標にしてないかもしれないけど女子、でもみすみす苦労するより親元で暮らしてて、ま、働くとしてもそれ消費に回せるし。マジこどもとか面倒だし。女子が二の足踏んでるよね。でも「いいひといたら結婚したい」とみんな言うね。年収1000万とか何となく考えているのかもしれないけど、それほど考えてないのかも。そういう男はたくさんいるけど、マジきもかったりするしね。いい人で何となく気が合って年収もあって顔もいい人くらいかな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水飲んでるだけでもいいからこの人と一緒になりたい、とかないのかよ、と思うけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、みなさん、結婚しましょう 「脱物質主義的価値観」ロナルド・イングルハート 結婚は商売ではない。いや私は結婚を商売にしようとしているわけだが、そこ私が引き受けましょう。そしてまた私がピアノ奏者です。すいません。
・・・・・・・・・・・
愛だよ愛。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

年度末〆の会

 ジャズのセッションが毎月あるのだが、前にも書いたが「近所の主婦」がやってくる。なぜかうまい。その人達と谷中で飲む。谷の上から来ている。「主婦」ったっていろいろだよな、と思う。大げさな話をすれば、主婦の多様性柔軟性こそこの国の将来を示唆してるんじゃね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当教室もセッションというか合わせというか、飲み会というか・・を開きます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月26日日曜日 3時から5時 本郷3丁目赤門前 「ボン・アート」
うたう生徒さんはもう〆切なので、見学だけの人募集中。どなたでも
5000円飲み放題付き(ソフトドリンクあり) なにか食べ物も出ます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まじめにうたう会なので、飲み放題をつける意味があまりなく、そんなものつけるならピアニストつけたほうがずっと良かったんですが、店の方針というか、いや、次回からは交渉してみます。すみませんピアノ私です。
毎度天才中島のピアノに慣れていて、それ以外の人でうたったことのない幸せなみなさん・・のことを思うと慙愧ですが、その分飲んでください。声楽ってうたい終わるまで飲めないので、うたってからの最後の10分くらいはしゃべらないで飲むとかですね。もう初めから飲んでもうたえる曲を選曲している人もいます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

85歳ですごくうまい生徒がやってきましたの巻

 うたは体の持っていき方なので、体がわからないとうまくならないし、逆に練習しなくてももって行き方がわかるとすっと出来たりする。ピアノと違うので、指の鍛錬のようなものがない。
ゆえに楽器買わなくてもいいし(そんなことほかの器楽ではありえないし、指の練習が大変だからクラシックの人は練習ばっかりしているし、ピアノとヴァイオリンは小さいころから「正しく」やらないとうまくならないし)
うたは大変安易で簡単なジャンルです、ヴァイオリンなんかうまくなると本体価格1000万、弓300万、今なら松脂くらいお付けします、くらいなものを高校生でも持っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いや、しかしその体が問題なわけで、しかし固いというか自分がわかんないというか、どうやって今まで生きて来たんだろう?くらいな不可思議な体の人は多く来ます。
今から5年くらい前に、すごく「まじめ」で熱心だった生徒が2年くらい通って(週に何回も針治療に行かないと働けない人だったなあ)突然「わかんないわかんない!」と叫びだしたのは驚いた。うちに来ている整体師の生徒に言わせると、そこが、人が体のエッジを曲がるポイントで、「わからないことがはじめて分かった瞬間」だそうなんだけど、怖かった。人格が外れる、というような瞬間を見たような気がする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いや、教室はいろんな面白い人(独特)がやってきて、私はこの仕事しててよかったと思う。主婦で子ども二人、なんていうと「正しい枠」のような勘違いで世間を狭くしがちだが、それはたかだか1955年から1974年までの勘違いであるし、その「成功した」高度成長と核家族モデルは極めて特殊なことだったんだよ。しかしまだ引きずってないかい、そのモデルを自己目的化してしまうのは生きにくくする元だが、東京で言うと川一本越える度にそれは強く、仙台なんか行ってみ、同じような一軒家が並び、車一台、同じような価値観とみんな同じ同じが「正しい」という同調圧力、子供は馬鹿でもチョン(差別用語でした)でも2人なんだよね、広いんだから10人くらいいてもいいのに。同じが大事だからね。自分のルールで生きよう。川向こうの人々、あるいは川のこっちでも息苦しいと思っている人におすすめ図書。「迷走する家族」山田昌弘著 有斐閣
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そういう同調圧力だとか、それやこれやで体は固まるんだろうが、これは容易にほどけない。人のことを言うのが教育という仕事だが、自分はやはり自分のトレーナーがつかないとわからない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いや、しかしだ、すごい人がいっぱい来る教室だが、おととい、もうこれは驚異の85歳。
おばあさんなのに歩けてうたえてぼけてなくて、というレヴェルではない。ほんとにうまいの。合唱やってるだけという話だが、娘が(娘は2年くらい前からうちの生徒)習ってると聞き、悔しくなって来た、ということなんだが、
ほんとにうまかった。発表会にでも出るように強く勧めたが、恥ずかしがりだから無理、と言われたので、辛抱強く説得していく。すごくまろやかなメゾ的声。なぜかCaro mio ben などさらりとうたえるが、イタリア語の捌きがうまいのはなぜ?耳がいいのか?膝が少し悪い、というが、すべてに柔軟。
・・・・・・・・・・・
 世の中の85歳!!(うちの母が85だが)ぼけてる場合ではない!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

年度末〆の会開催します。大いにうたってください

昨日ボン・アート(本郷東大赤門前)に行ったら、ジャズのライブをやっているにもかかわらず、お客は私一人であった。のでなんか悪い気がして鬱陶しいがししろーも呼んでしまった。
店長と盛り上がって、これからいろいろ開催させていただくことになりました。まず一回目を開きます。       

     ホウツキ声楽教室 年度末〆の会
     本郷赤門前「ボン・アート」でうたいませんか?

毎年年末〆の会は大好評であります。
で、年度末の〆の会を開催します。

うたえます(すみませんピアノは宝槻です)+飲み放題(ソフトドリンクあり)と、オードブル、ドルチェまで付です。生徒さん交流の場として、人前でうたうお稽古の場として活用してください。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日時 2017年3月26日(日)
3時から5時
場所 本郷3丁目(東大赤門前)ボン・アート
参加費 飲み放題・オードブルなど付で6000円
うたえます(参加人数にもよりますが、なんでもうたってください。ただし伴奏宝槻です)
参加方法 メール、電話、直接、なんでも可です。3月20日までに連絡ください

どなたでもふるってご参加ください。うたわない方でもどうぞ。その場合5000円

・・・・・・・・・・・・
おお、あんたのピアノは1000円も価値があるのかと問われてしまいそうだが、ナカシマさんじゃないので、うちでさらってきますので、さらい代です。すみません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

狢のピアノ演奏

これはマジックですね、というくらい体と音が密接に結びついて変わる人が何人もいて、私は最近声楽教える業が大変面白くなっている。
しかし、なかなか「その体」が実際の体と遠い人は多いので、そこ縮めなくてはならないが、骨盤が前にのめり、固まっているほうが「生きやすい」ことが日本社会では多いのか?
きっと何か組織に対しては「従順」(柔軟ではないよ)であるのだろうから、軋轢は少ないのかもしれない。
・・・・・・・・・・・
 いいじゃないのしあわせならば、と思うが、そこ先生業とはおせっかいをかける職業なので、そんなん詰まんないですよー生きてますかー解放されましょうーを毎度言っていく。
いくら日本がお行儀がよく秩序を重んる国だとして、そんな骨盤閉めて声閉めて生きなくてはならないほどには難しくない一応先進国なので、せっかくだから地の利を生かして、戦争もないし、何をしてても一応食べていけるし、ある程度好きなことが言えるし、温暖だし(冬の裏日本すいません)アメリカのポチみたいにしてるのはちょっと気になるけど、いつも両手上げて誰にでも全面降伏しておくのが得策だわん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 人一人の一生など100年も続なかいんですから(いや最近は続く)まず自分がそんなに固まっちゃってるんじゃ、しょうがないではないですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 娘との連弾は大好評だったのだが(クラビをピアノに買い替えようとすら言ってくれている生徒がいるそうで)後でビデオで見ると、あんなに曲想を大事にしようとか、フォーレの和音を感じようとか言ってたというのに、これは同じ穴の狢な演奏、そうか娘って思えば私が教えたんだから「同門」なのよね。その後偉い先生にもついてるんだが、やっぱ同じ穴なのであった。狢の親子の演奏、穴から出てきた狢の親子連弾をする、という感じか。アグレッシヴといえば聞こえがいいが、芸術は爆発だ、人生は戦いだ、な音になってしまった。
・・・・・・・・・・・・
 それは「わたし」なんだろうね。柔らかいこと言っておきながら、結構体は固いので、従順にはなりたくないが、柔軟には足りない、だから勝ちて帰れわーわー!!みたいな音。
わが教室で申し訳ないくらい出演いただいているナカシマさんの音を聞け、よです。一番調子のいい時頭のてっぺんのパーマだけが揺れるのであるが、あれこそがElasticoだろう。天才は柔軟である。時間がたっても、どんな技術があっても(なくてもではないですよ、あっても)それに関係なく柔軟でいられるって、出来ないよね。すぐえばっちゃったりするよね。私あのくらい弾けたら、ピアニストほうつきみよこの名刺の後になんかいろんな肩書入れて、真矢みきみたいな顔して「よろしく」とか言っちゃいそうだわ。
・・・・・・・・・・・・・
 寒いです皆さん。銭湯がお勧め。この一週間家のふろに一回も入ってません。
富士見湯・白山浴場・歌舞伎湯・朝日湯、昨日は寒さに負けてラ・クーア温泉、
最近神楽坂(先週生徒と飲んで以来)によく行くが家からほぼまっすぐ行ける道を発見!!そこの熱海湯と第3何とか湯も入るが、この中で一番は朝日湯だと思う。次が富士見湯。
帰りの暖かさが素晴らしい。江戸の庶民は偉いよね。お風呂とは体を洗うところだけにあらず、そこでのちょっとした会話や開放感、そんなものがなくて人生なによ。
今日は雨なので、いっそ朝日湯にタクシーで行くか(タクシー安くなったね)谷中でちょっと飲んでもいいかも。ポチでも連れてくか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。