宝槻美代子オフィシャルブログ

鼻腔共鳴

 鼻腔共鳴って、ある人ない人に分かれるのはなぜなんだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の「先生」などになると、鼻腔が共鳴しない人間なんかいない、と思っているようだが、「ね、ね、ホウツキ、そんなことできない人いるの?」いやいや・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鼻腔共鳴させたい欲。というのは生まれたときから1年半くらいはみなできたことなので、原始回帰というか、戻ったから「解放」というのはあまりに安易だと思うが、「雰囲気」としては
今の私は「本来の私でない」のでそこからの「解放」を何となくね、人は目指してます。今の「してやられてしまった自分」を「本当の自分」に戻したい、という言説が流行しすぎてはいます。本来の体、ナチュラル思考、本当の自分、それらは何兆円産業であるから。宗教なんかもそこですね。もっとバカだと本来の日本、とか。それなら「自分」にとどまっていてほしいです。
・・・・・・・・・・・・・・・

ほんとうのこえを見つけてみませんか?(げ、そんなタイトルの本書いたですね、いや嘘ではないんですよ。ただそんなに「今ある我」を否定しなくてもいいのでは、と思っているんで、その鼻腔も共鳴しないし、声も落ちちゃってうたもうたえないし、ぼそぼそ隣人と軋轢がないくらいしかしゃべれない自分、っていうのも愛してあげようではないか、少なくとも私はそんな人だし、それで十分だけど、なぜかうたうことを始めてしまったってだけです。で、やろうとすればどこからだってどこにだって行けると思っているので、それは偏差値45からの東大受験みたいな、それのお手伝いをして利ザヤを稼いでいるわけです)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも鼻腔が鳴らないにはならないだけの履歴がその人の中にあり、それをいくら表面で嫌っていても「それでできているんだから」そうそうは変わらないです。
その戦いは、「あなたがなりたいあなた」と「なっているあなた」もしくは「なっていしまったあなた」なんかとのせめぎあいになるので(本人も気が付かない、あるいは気が付きたくないあなた、との戦いになります)レッスンは毎度白熱します。
・・・・・・・・・・・・・・・
では鼻腔共鳴などという言葉も知らなきゃ「声楽」をやろうなどともしていないが、なんか「鳴っちゃって」半ば困っている(周囲が)な人、
それは初めから鳴っている。練習なんかいらないですね、むしろ「練習」の意味不明。
・・・・・・・・・・・・
ま、だいたい「いい生活」してます。
の意味は、例えばうちは毎日生フレッシュジュース圧縮絞りの出る家ですがそれ持っていくと「おいしいー!」を鼻腔からだけ言うので、持っていく人はすごくうれしくなるので、毎日いろいろ工夫したりして(ちょっとイチゴなんかも入れたり)貢いでしまう件。この人の「わあー!!」が聞きたくて周囲が「努力」してしまうという・・。『「努力」しないでなにか貢いでもらいたいなら鼻腔共鳴を鍛えなさい』という本を次回は出す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、それは私の母なんだが、共鳴半端ないわ。私は嫉妬してきたんだと思う、あるいはそういう「天然」を嫌ってきたと思う。
才能っちゃ才能だが、別に声楽家でもないし、こうなるとただのうるさくて根性だけプリマドンナの迷惑な人ではあるよね。いや、ほとんどの私を含め上の空いていない(業界用語)芸能とか舞台とか不向きなフツウな人にとって「癇に障る」わ、でもそもそも
・・・・・・・・・・・・・・
上が空いてないなら「観客」に回ればいいだけで、どうしてできるなんて思えるんだろう?そういうの「夢」って言ってもいいよね。出来ない分だけ夢がある。明日は出来るだろう、の「幻想」で22年もやってきたが、夢いっぱいで楽しい人生。もうちょくちょく書いてて恥ずかしいが、最近調子いいいのと、かなり視点を変えているので、またまた楽しい展開。永遠に真実に近づく漸近線。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
出来てしまう、というのは自覚もなければありがたみもない癖のようなものだ。
・・・・・・・・
もう一人空ききってしまった身近な人がししろーだが、おかあさんとししろーは実はよく似ていますね(B型だし)
この人は田舎で「真面目」に暮らしてきたんだが、例えば新聞配達などしてこずかいを稼ぐ小学生。歌舞音曲などに縁はなかったのだが、「そういうこと」に飢えきって東京に出てきてもう声楽をやるとかそういうこと全部吹っ飛ばして「いきなり鳴ってます」
・・・・・・・・・・・・・・
でも二人とも、それじゃただの枠の外の人。つまりそれを「商品化」できない場合、けっこう「しょうもねえ」から人は「そうならないように」してるということもフツウの人々の鼻腔共鳴を妨げている一因ですか。鼻腔共鳴してる人って、自分鳴らすチャンスをいつも狙っているので、まともなこと出来ないし、また鳴ってればほぼ満足なので「向上心」がありません。
・・・・・・・・・・・・・・
発表会のプログラム作ってて怖くなった。終わるかな?いや終わるわ。2時から9時。6月18日。入場無料文京シビック小ホールです。ほんとみんなうまいけど、みんな自分に満足してないよね。そこが絶対いい。まだ無い、と信じられるものを手に入れよう、手に入るだろう、と思って努力すること以外に
・・・・・・・・・・・・・
生きてる実感てあるんでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。