宝槻美代子オフィシャルブログ

改ざん!!フィガロの結婚2018

 ガラケーな私だが、もう生い先も10年くらいだろうからめんどくさいからそのままで行ってしまおうと思っていたが、いや待てよ、最近人生70になろうが80になろうが下手したら90になろうが一向に終わらない人が多くなっているじゃないですか。スマヘに変えた方がいいだろうか?いろいろフェースブックなどのお友達申請なども受けているのだが、わからなくなっちゃったのと、たまに見るが自分の飯だの猫だの犬だの子どもだの出してるが、それがなにか面白いのか一向に理解できない。が、こんなブログもあんたの近況だ考えだなんだ書かれてもそれがなんだ、ではあるよね。
・・・・・・・・・・・・
これは私の声楽商売のための宣伝ブログなので、もっとうたのこととか書かなならん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「改ざん!フィガロ」を見に来てください。今日も稽古でしたが。こんなことできる声楽教室はたぶんここしかないが、ジョイン・アス、でも内輪で閉じてるわけでもないので、入ってきたら人生変わるのになあ、と思いながら、キャストやっている人などは、濃い人たちなので(でも実はみんな昼はフツウの仕事してる必殺仕事人なのだが)とても自分は入れないと思うじゃない。
・・・・・・・・・・・・・・・
3月24,25日、4月21日 いずれも文京シビックホール(小)7時開場です。2000円
・・・・・・・・・・・・・・・
とりあえず見てみたらどうだろう。2000円でオペラが見れるが、そんなことあんまりないのと、オペラってつまんないよ、普通。長いし、最近は原語だから字幕だし(昔私が学生の頃は信じられないが日本人がやるオペラってみんな日本語だったのよ、中山悌一訳の、でもイタリア語の「位置」でうたってるから日本語には聞こえないけど、たまに意味わかる良さがあった。フィガロだったらコンテは旦那様か殿様、と呼ばれていた。悌一訳でドン・ジョバンニやってて「曲者」を「まがりもの」と真面目にうたったオッターヴィオが忘れられない)何が嫌かって、長い事かな。あと話がたいてい複雑。よくよく調べて「自分の境遇」に置き換えたりすると少しわかる。愛と嫉妬と救済で成り立っていることに関して「共感」できるが、オペラの良さってやはり「声」なんだよね。でもそれ今一なら徹底的に面白くしてほしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例えばフィガロはちゃんとやると3時間くらいかかるが、私は脊柱側彎症なので、そんなに椅子に座ってるのはつらいし、夜なら酒の一つも出ないといやだし、そうすると「クラブ」に行った方が数倍楽しそうではないか(実は4月にマミーシンガーズで「クラブ視察」に行く)
すごーい声のオペラなんかめったに聞けないんで、だとなんかいいや家で寝てたい。
・・・・・・・・・・
「改ざんフィガロ」はそこ改ざんしてるので、絶対来て良かった、明日も詰まんない仕事しよう!と思えるのでは。明日へのカンフル剤にならないものを「オペラ」と呼びたくない。
・・・・・・・・・・・・・・・
でも「フツウ」の人の人生も、聞けば案外オペラチック。「あなた」を主人公にしたオペラの一つも書ける。自分史ではなく自分オペラのおすすめ。そうだ、そういう「商売」してみようかな。
あなたを主人公にしたオペラ作ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子が就職活動しているので、時計買ってやって、それ私たちのパターンだが、その後アキハで飯食う。
明治維新の人のようなこと言う。自分の力で日本に何をもたらせるか、というような。素晴らしいな。こういう「自負」「オブリージ」を持たせるためにむやみなシンメトリーの校舎があるのだ。君への讃頌は君への批判に容易にかわるんだよ。自分の給金と年金計算しているような人生ほど批判されない。エリートの希望と挫折を夏目漱石はつぶさに書いているが、そんなもの読んでないだろうが(それもびっくり)読まんでよろしいわ。
・・・・・・・・
「私はなにが残せただろう」
・・・・・・・・・・・・・・
親など適当に早く死ぬのが正しい。国家的にも正しい。税金をいっぱい収め早く死ぬのが世のためである。
・・・・・・・・・・・
母ボケボケだが、もうこんなに意思の疎通がないと、昔のやってくれたことに関しての感情など呼び起こしてみるが、これがあんまりないんだな。こんなによくしてもらっても、親子とは不可逆的な「行為」である。
この人が死んだとき自分が「後悔」しないように算段しようとしているが、しょせんそういうことに私は向かない。
・・・・・・・・・・・・
ボケ防止に歩くとか100から7ひくとか趣味を持つとかいろいろ言われてるが、どうなんだろう。難しい本読むってどうよ。
メタ言語もてないからぼけるんだって。プラス思考、とか前向きとか家族仲良くとか絆とか言ってて「気にならない」からぼけるんだって。
。。。。。。。。。。。。。。
で私ボケたらすみません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。