宝槻美代子オフィシャルブログ

インフォ

人口過密で、中心機能が人体で言えば内臓と脳みそと脊髄くらいに集中している東京に、3年内に直下が来る確立が70パーセントだ、などと嘯いている国がどこにあるんだろう。一万くらいは死にますかね、などというけどさ。軽いなあ。

 

はいはいそうでございますが、それでは圧死するその日まで精一杯働かせて頂、税金も期日に納めさせて頂、放射能まみれの野菜など頂、

 

国防・・・。地震では万人も死ぬ予測しているのにステルス戦闘機なんか買ってる場合なのか?耐震補強費にまわしたらどうだろう?国民なんか守る気ないことバレバレ。

 

北の核の脅威っていうけど、ああた、福島にメルトダウンの放射能垂れ流しすら配備していて今更。

 

国防。それはプラモデルに給料の大半を使い果たしているアキバのお宅どものような歪な金使い、アキバのATMは土日ともなるとお金を引き出す人が多すぎ札がなくなるっていうじゃない、

 

女はまるで興味ないが、ステルスなんか云ったら息子は最新鋭ブラックバード戦闘機のレーダーを外れる飛行について楽しそうに語ったが、男は「戦闘」が好きなのさ。どっか24番目だかの遺伝子に組み込まれているんだろうよ。

 

いいよ、楽しいなら。そのかわり趣味の国防は「大儀」を言うなよ。それと震災もあったんだし、出費は程ほどにしてほしい。普天間もなんにもいらない。放射能垂れ流してへらへら「絆」とかいってる気味の悪い国なんかだれも襲わない。

 

 

 

さて、インフォメーションです。

 

2月25日土曜
6時から

 

文京区男女平等センター
文京区内で私がやっている合唱2つの発表会
入場無料

 

ソロ、重唱なども今回も有志が挑戦です。

 

ちゃんと自分の声を良くしましょうという事を強化している合唱と思います。

 

 

3月3日
ひな祭りコンサート
西荻窪ライブハウス「奇聞屋」
生徒有志9人と助演
チャージ2000円

 

昨日合わせ5時間、重唱多いです。ぜひおいでください

 

自分の声と格闘するってことは自分と格闘することなので、それは私ももちろん途上であるが、自分の体のマッピングがわかり、息をコントロールするってことだけど、それも脳が無用な指令を出さないようにしなきゃならないし、カラダは誰にとってもムズカシイが、

 

教えていて「暗黒なカラダだなあ」・・と思う事が良くありますね。自分に実体の見えない体、思い違いな体、息ひとつ送れない体、いう事を聞かない体、こんなに息で支えていないのにどうやって歩いたり考えたり発言したりしてるんだろう?と思うことがある。

 

自分のことは常にわからないけどね。
わからないこともわからないほど重度な体からは重症な音が出る。声が変われば体も変わるし、精神なんかすぐに変わるんだと思ってます。

 

頑固というのは息と体は頭でコントロール出来ると考える考え方ですね。

 

声があまりでない人はたいてい頭の柔軟性がないですから、ふざけるのも嫌い、冒険は嫌い、保守的です。息が自由にならないからです。

 

まじめなどというものは「腫瘍」の一種でしょうから、早く取り除いたほうがいいと思いますね。

 

「腫瘍」に頼らない人生を。

マミーシンガーズ

二期会マミーシンガーズは二期会会員資格を持つおかあさんの集団です。こころから子ども達の健全育成を願いうたいます。ホームページできました。パソコン開けられないメンバーすらいるのですが(子どもが帰宅して開く)よろしく。

 

発足10年、マミーは警視庁初め東京都などから安定した仕事を引き受け、メンバー13人はフル活動、私は最近あまり載っていないんだが、久しぶり府中芸劇の「うたう桃太郎・早寝早起き朝ごはん」に載ることになり、土曜に稽古、

 

現場が面白いからマミーは続いてるんだなと思った。藝大主席「鬼のパンツ」を熱唱。素晴らしい。みんなやっぱうまいわ。演技も手遊びもセリフも演技もうまいんですよ。私はばばあの役だが、演技苦手、相手のバリトンじじいに助けられてます。

 

演技したりうたったりを人前でやるところにリビドーのある人たちで、よく曲がりなりにも子どもなど作って「日常」を送っている様子だが、それはむしろぬいぐるみ演技なんだろう。仕草のサインが5つくらいあれば日常なんていけるから。つまんねー日常。

 

・・・・・・・・・・・
今日は久しぶりでまた当分来ない休みであるが、ゆえにやることを満載しており、最近家で練習はだれるのでうちから歩いて2分のところにある、私のために作られたかのようなスタジオがあるのだが、そこを借りて練習してます。集中が違う。

 

整体行ってからそこ行くのでまた後で続きを書けたら書きます。暫

愛があれば

練習2時間で半分も出来ない感じだったが、残りやろうと帰ってくれば隣に具合の悪いばあさんがおり、行って話を聞き、そうかそうか良く聞くところだが「子育て」終わると「介護」なんだな。

 

そうやっていつまでも女は「人生を棚上げ」して偽装労働できるわけだが、そんな欺瞞に私は乗らない!

 

子育ても介護も言葉のあやだよ

 

言葉あるところに仕事は発生するのであるから、それをネタに稼ぐと言うような産業があって大いにかまわないが、自分の「理由」にしないように注意しないとですね

 

ずーっと子どもとか介護とかの「イエねた」で持たせるというのは良くないですよ、それらの人たちにとってもっとも。

 

イエというのは寝るだけの場でなるべくありたく、風呂も飯も下町は外注する。神田の小学校の皆のうちにはほとんど風呂がなく、うちは団地だったからあったんだが、つまんない事である。2DKに全てを詰め込むことはできない。

 

そう、つまりイエは居るところではなく

 

帰るところなのですよ

 

帰るためには「居てはいけない」
誰も居てはいけない

 

「帰る場」である「去る場」であるという事を「演出」する。

 

たとえ5分でも先に帰り電灯を点け、玄関まで見送り手を振る役目を誰かが受け持たなければならない

 

巫女のようなね。でもそれは宗教的儀式で「演出」であることを忘れないでいないと

 

「主婦」という仕事でもあたかもあるような、それは「ない」

 

「ホーム」に帰り一点もらうという抽象的なゲームなんですよ。イエとは。

 

選手を送り出した後自分もマウンドに立つという事に後ずさりしちゃいけない

 

などとアジってても花も咲くまい実もなるまいだが・・。

 

しかし誰も「演出」を放棄してしまえば簡単にイエなどなくなってしまうわけだから

 

それでいいと私は考えるがね。

 

私にとって「祖国」とは重いものだ、とうたうアイーダの場面をさらっているけど、イエがなくなれば国もなく、戦いも何も無くなるだろうがさ、

 

「愛」がある限りはダメだろうな。

身辺雑記

ブログというのは、論文じゃないので毎日ちょこちょことその日の身辺雑記を記するものであり、そういう事が下手な私である。

 

女はもともと身辺雑記で生きてるのか、しゃべらせればどこまでも細々した日常の話を永遠に続けられる生き物のようで、風呂屋に行けば、女湯はばあさんのしゃべり場になっているが、男湯は静かである。人がいなかったのかと聞くと結構いたりするんである。

 

必要なことだけしかしゃべらない、というのは潔い態度だが、自動記述のような手法で、一見関係ないことを全て思いつくままに語らせたあとにそこから「真実」を掬っていく方が云っていることの確信に迫る確度は上がるのかもしれない。

 

風呂屋のばあさんの「真実」なんかどうでもいいといえばどうでもいいが・・・

 

良く見かけるのは風呂屋のテレビで流れている情報のデマゴギー伝達である。

 

熊に襲われ3人が重傷、

 

を「みんな死んだ」などとその場で聞き違え熊は怖いなどと云いあっているが、選挙権もあるだろうに、この風呂屋における情報操作はたやすいであろう。

 

・・・・・・・・・・・・・
もう教室始めて7年くらいになるはずですが、いろいろな媒体に情報を流すことを広告というが、どこの会社に広告を出してもらうかで「来る人の層」が変わるわけだが、

 

その「操作」についてはみんなが研究してるんだろろう(いやらしいんだよ、ターゲットとか云うなよ)

 

研究対象にすっぽり言い当てられないように「複雑」でいたいのが人間だが、見事に年収程度の、学歴程度の、地域程度のそんな「情報」通りだったりするからため息である、

 

だからこそ頭と言葉とうたを鍛えようではないか、と石垣りん、のような「革命」を唱える。

 

革命は孤独です

 

ゆとりレンジャーとかいう(正式名称かわからんが)お笑いがいるらしく(子どもからの又聞き)まず決まった時間に遅れて来る、ってところから面白いが、本当に自分を生かした仕事じゃないからやめるっす、見たいな事を云って自分探しの旅に出る、というのがさらに面白い。

 

教室を「スクールさん」と呼ぶような会社に広告を頼んだら、ゆとりレンジャーが何人か来たのには驚きもしないが、面白かった。

 

みんな「ミュージカル」志向である。たいてい激しく地声発声でやってくる。それで結論から言うとそれは「直せない」

 

直せない理由は「違いがわからない」からにつきる、

 

普通にOLでもやりな、という意見が一番彼女達を激怒させるので意地悪でちょっと云ってみたりする

 

でも最近ミュージカル好きな生徒が、これはあまりにひどいですから先生見てください、という事で借りたDVD「ひめゆり」だが、それほどひどいとは思わなかった。意欲作らしいが。

 

なれるかなれないか、なんてことはとりあえず置いて「目指す」があるんだが、

 

私も目指すはグルベローヴァなんだから放っておいてほしい、

 

教室をスクールさんと呼ぶような人々の「目標」をバカにしてはいけないが、笑える。

 

敵を倒すなら奴等の「神」を打て、と太宰は云ったが、いい事いうデスね、打てというより笑えです

 

エクザイルをリスペクトしている人を笑う、見たいな感じっすね

 

でも笑われるのがいやだからとといって「神」を持たないのも持ってないふりをするのも好かんですね。

 

みっともない神を崇め奉ってください。そんな私でもあり、そんなあなたを応援する教室です(宣伝)

 

笑うなら笑え、です。
・・・・・・・・・・・・・・・・
センター試験はまたも配布凡ミスがたくさんだったが、息子の受けた同日開催センター試験は東進ハイスクールがやっていたが、各会場に何の配布ミスもなく、読みきれない分析データすら送ってきてくれました。来年から東進ハイスクールに任せるといいと思います。

 

またも公務員問題。やつらの神は誰なんだ?安泰とか安寧とか日和見とか思いつくけど、そうなのかな?

 

神が不在なのかも、何も信じてない不気味さが彼らにはあるよね。死んでるのかもしれない、いや死ぬように生きてたいと願ってるのかもしれない、それ怖いよねー。

正月日記

謹賀新年からずいぶんたってしまいました

 

正月というものは基本みーんなおうちにいますので、私はまったくの主婦です。朝から晩まで基本家 のこと(と言うほど誰に手がかかるわけでもないんだが、主婦業と言うのはお金をもらえない以上「仕事」ではない。それはたとえて言うなら「哲学者」や「思 想家」などに近いんである。常に「いえ」のことを考えるという「思考の方法」を指すんである。ああ、下の子の歯ブラシがだめになってたわ、天気だから足拭 きマットは干さなくちゃ、クリーニングは5時までだったわね、昨日のしゃけは今日がリミットだわ、などなど永遠にやることを考える。やるかやらないかある いは手伝わせるか外注するかなどというその先の「DO」については実はさして問題ではない。それが証拠に主婦業のもっとも孤高にたっているものはゴミ屋敷 のような室内でただ考えをめぐらせているのである。こちょこちょ動いているうちはまだまだである)

 

で、6日からレッスン合唱とも開始、いきなりフル操業であるが、こちらのほうがずーっと楽です。

 

つまりわたしは根っからの「主婦」なのかもしれません。

 

酒と風呂屋の日々であったが、練習もしたし、まずまずなお正月でした。

謹賀新年

朝から走る、は早くも元旦に挫折

 

でも朝起きたら顔洗うは出来。「習慣」を変えようというのは人が考える無駄な抵抗のひとつでしょうが、新年からやろう、というのが違う気もしますが

 

あけましておめでとうございます

 

やりたいことをやるに際して言い訳しないように心がけようと思ってます。それはずいぶん出来るようになったんだけどね。もっとね。

 

少なくとも5年前よりずーっとうたいやすくなってるんですが、ま、勉強することですね。

 

謹賀新年、まずは御挨拶。今年もよろしくお願いいたします。

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。