宝槻美代子オフィシャルブログ

街頭歌唱

もうここ4日くらいマトモにレッスン出来ずすみません。

 

金土と例の防犯歌劇をやり、日曜日は二期会のパーティ

 

総勢300人の声楽家のみなさんと東京會舘で立食。当然そこには私の恩師の皆さんもおられ、マミーシンガーズはブースを開設してたので私は代表であるので行かなきゃならなかったが、本当だったらこんなおっかないところへは行かんわ。あっちにもこっちにも先生だらけ、ですからね。ビールも大して飲めないストレスから、終わってから銀座ニュートウキョウで駆けつけジョッキ3杯。

 

 

 

東京會舘から移動して銀座マリオンでこの300人が「ふるさと」をうたうハプニングを起こす、というのがその日の締めだったんだが、東京會舘で練習した時、あくまでもソット・ヴォーチェでうたう、ハモらない、という決まりがあったのに、本番はみんなかなりうたってたし、後ろのバリトンは下うたってたし。歌い手というのはそういう性質。もう一曲やりたいなあ、とみんな云っており、Traviataなんかやったらよかったのに。福井敬とかいるんだよー、錚々たる面々。

 

Youtubeにアップされているようなので「街頭歌唱」の模様はそちらでご覧ください。

 

 

 

そして昨日はクラコンの本選だったんだが(うちの教室から3人出ている、昨日はその中の1人が出場日)

 

私は本選審査員に選ばれて、ここ強調したいんだが、これは経歴にも追加できることらしいので、太字とかにならないのかな、なんか色もつけられるようなんだが、もう一回書くわ、

 

私はクラコンの本選の審査員に選ばれて、

 

行って来ました、青砥にそびえる葛飾シンフォニーヒルズ。どうしてこんなもの青砥に?まん前のスナックのような喫茶店で飯食ったが、それはどこをどう切っても前後左右青砥でしかなかった。主催者が(これが本当に私の人生に何かを残しそうなたまげたおっさんだったが)審査員に夕飯をおごるが、汚くてうまい店、イスなんか場末のキャバレーから持ってきたような感じです、でもゴキブリはいない、と中華安楽死(安楽)とまずいがまあまあ綺麗な蕎麦屋、さあ皆さんどれが良い?というので私達(4名)はこのゴキブリは出ないが汚いがうまい店を選んだんだが

 

主催者には悪いが、うまかったのはコーヒーだけだった。

 

かつて娘が高校の時このコンクールのファイナルまで行って、最後の演奏が不本意だったとか云って泣かれたのは青砥駅前のサイゼリア、安ワインをしこたま飲んだなあ。喧嘩して私は怒って帰ったんだが(終わった演奏についてがたがた反省したりするのはだめーです)でも結果は1,2位無しの5位だった。昨日審査して思ったが、この審査方法でそこまで残るのは結構大変なことだったかもしれない。

 

何も本人情報が無い中で、その場で言われた曲を音だけで判断していくという公平っちゃ公平なコンクール。

 

 

 

しかし高校生が抜群にうまかった。こうみんなうまいと、やはりファイナルに行くのは少なくなっちゃうんだけど、選ばれた4人はかなり妥当であったので私達審査員はなかなかな見識であったと自分達で褒め称え合った。

 

大人の部は合格者は2人であったが、うちの生徒が入りました。ここも強調したいなあ

 

うちの生徒が入りました

 

習い始めてまだ2年も経ってないだろう。バーのママだが、素晴らしい歌唱であったよ。

 

何のためにうたなんだよ?な歌唱が多かったなかで。うたう意味が伝わった。

 

うたは技術だが、それを支えるメンタルが無いならその技術に意味が無くなるということがよくわかった一日だった。

 

うたのメンタル?

 

他人の人生変えようとか、泣かせようとか、喜ばせようとか、そういうおせっかいな、あるいは役が憑依するほどのイタコな力とか。

 

どの道本人は破綻寸前だろうけど、小市民生活とは無縁な全部が備わっていること。

 

 

 

帰り青砥で上野行きの急行に乗ってたら、彼女が飛び乗ってきた。これから(夜9時すぎてた)仕事出るという事で・・

 

だよな、だよ。うたわなくてはならない事情でうたはうたう。そういうことがうたをうたう全部であるよ。

 

 

 

 

 

二期会 パーティ

 

マミーシンガーズ 防犯カゲキ

二期会マミーシンガーズは活動10周年になるんだが、最近は警視庁から依頼を受け、あちこちでその警視庁命名「防犯歌劇」を展開しているんです。それだけで一月に3つや4つはあり、リーダーは仕事を理由に不参加が多かったこの2年でしたが、今回家庭の事情で降りた人がいたので、そのアナ埋めに今回連続2日、老人万引きをテーマにした防犯歌劇のなかの「たけ」の役をやってきました。

 

 

 

しかしそれは思いのほか大変楽しく、やっぱり舞台はいいなあ。

 

お客さんも満席で、それはきっとその前にやった研ナオコのトークショー目当てで、そのまま帰りそびれ「防犯歌劇」を見る羽目になったんだろうが、場内からはすすり泣きすら聞こえ、大変感動を呼んでいたようです。でも毎回やっててばあさんが万引きする緊迫のシーンで「笑」が来るのは何でだろう?これが中学生版、小学生版(もちろんみんなセーラー服あるいはランドセルでやるのよ)では水を打ったような場になるんだがね。老人の観客の受けどころがわかんないわ。

 

 

 

マミーも年取って、変装も老人版が一番時間かからなくなりました。 中には変装したら見に来てた客と間違えられた人もいて、そのうち変装しなくてもこれはやれるにあと5年くらいか。具合の悪い人も多く、私の行ってる鍼灸を紹介したり、すっかり「笑点」の楽屋のよう。

 

私も今回の為に西新井で老人「たけ」(設定70)のばばくさい服を調達してきましたが、一回こういうの買うとこの手の服に目が行くようになるね。

 

来週もあるんだけど、もう一つ買っちゃおうかな。

 

こういうの着る意味がわからなかったが、とにかく楽なんである。それはウエスト総ゴムであるからばかりでなく、もう街のなかの電柱とかガードレールとか落ち葉とかと同じになる「楽」さ、記号としての「おばさん」はどんな危険な思想を持っていても不審尋問されない。どんなに「やりたいココロ」を持っていてもナンパされない。つまりカウントされない「楽」さ、

 

つまり「安全安心」の保護色なんですね

 

 

 

本番ってすぐアドリブに走ってしまうが、最後の説教シーンがどんどん金八のようになるのはよくないな。2日でもロングランな感じでした。来週木曜練馬IMAホール、見に来れるようですよ。見に来たい人はメールくださいPA050143.JPG

 

   PA050174.JPGマミー

 

奇聞屋2

写真が載せられる事がわかったので、もう一度やってみますねー ひひひ アキハで写真機も買っただよ。もうすでに使用法良くわからないが。いつから写真はフィルムじゃなくなったんだ!!そういえば町の写真屋ってなくなりましたっけ?修学旅行の写真を焼き増してお友達にあげたり、そういうの無いんですね。

 

なんか毒の無い普通のブログになりそうで怖いですが

 

そう、昨日はほんとに熱演であったことよ、当教室はこの奇聞屋とシビックホールの発表会を生徒の研鑽の場として開いておりますが、研鑽しすぎでタイムオーバー、最後はオペラの重唱アリア重唱アリアの応戦で見ていた人は今日坐骨神経痛になっていることでしょう。来年度はこれに近所のスタジオ借りての勉強会も予定。こういう「濃い場」に気後れしている皆さんにも参加してもらえるように考えています

 

でも所詮人にきかせて何ぼのものやるんですから、どんどん恥をさらしましょう。

 

 

 

P9290067.JPGキブンヤ2

 

キブンヤ3のサムネイル画像

 

P9290046.JPG

 

 

 

奇聞屋ライブ9月29日

キブンヤ

 

 写真アップ成功。 昨日の奇聞屋ライブのワンシーン 何故この一枚・・・ 出演者の3人組  皆さん大変な熱演でした。

 

ヤサ男、金と仕事はなかりけり

やっとまた日記を書くところに来れました。

前のと比べて複雑で、毎度マニュアル見ないと入れないんですね

でも昨日「声楽教室」で検索したらここはトップに乗るんです。謎です。

 

来週からかなり激しい本番続きで、練習ばっかりしてたのでなかなかここに来られませんでしたが、今日は久々に休み、整体行くのとイタリア語のパーソナルレッスン行くのだけだから、あとはのんびり家事やって(といってもそれはダレタ主婦の大掃除くらいはやる、家汚いと風水下がるよ)練習・・

だいたい頭悪いんだか要領悪いんだか熱意がないんだか、私は暗譜が出来なすぎ。人並みなところに持っていくまでにすごく時間がかかる。向いてないんだと思いますね、でもひとは向いていないことを「仕事」にする事がある、いや、正確に言うとうた教えるのは向いているけどうたうのは苦手である。

 

私はうたがもともと苦手なんで、いまでもうたって自信がないんですよ

でも「うまいなあ」と思うときがありますね、自分でうたってて。自分のうたのファンなんですね、バカです、あと本番とかで何か憑依する事があるのでそれいいし。

暗譜が危ないと憑依しないからやってるんだけど、昨日と頭の細胞全部変わったくらいになにも憶えられない・・ひょっとしてボケ?いや中学からそんなでした

 

娘は大学院に行かないことにして、実地で音楽で食いながら勉強する、という事に急に決めたので、学費は要らなくなってしまい、まああと下が残ってるがどっかしら国立(クニタチと読まないように、それはまた1000万)には入れそうだし、そうするともういきなり

 

老後かよ

 

それならそれでじいさんとふたりのんびり余生を、などと一瞬思ったが、一瞬であった。

ししろーは会社やめる!というので(別に驚きもしない、というか私がけしかけたんだが)本格的ヒモ業に専念。

主夫か。男女平等なら専業主婦も「ヒモ」だよな。人の収入で生きるのはすべて「ヒモ」である。

 

それは揶揄ではない。すべての職業に貴賎は無い。しかしそれはそれに自分の大げさに言えばタマシイ(いきなりその変換か・・)をかけたとき神に通じるのです。

 

宇宙飛行士の妻を支える為に主夫になりました、ってオットがいたが、テレビで見ていてダメだろうなあ・・と思った。オット自己顕示欲ありすぎ。「これは仮の姿」と思っているとその業は成し得ない。離婚したべ

収入が無いことに「罪悪感」など持ってパートなんかしないこっちゃ。「仕事」は金のためにやるものではないからですね。時間を売ってはいけません、タマシイを売るということが仕事をすることだと私は思うね。

 

時間を売るのはやめましょう。タマシイを金に換える・・・売血のようで壮絶だが

それが出来る「仕事」を見つけるのが、ししろー、私が思う49歳のハローワークだよ。

 

「そして、また奥さんの愛は深すぎました」 太宰治「人間失格」より

 

わたしもまたこの男にタマシイ売っちゃったんだろうなあ。

 

 

 

 

 

ジョルジュ・ジェルモン

ホームページがリニューアルしてから、ここにたどり着けないまま日記も頓挫しておりましたが、ちょっとテストでこれ載せてみます

出来たらまたボツボツ書いていこうと思ってますが、写真も載せられるしいろんな事が出来るようなのですが、IT弱者な私。

徐々にですね。

朝しか練習時間が取れないので、朝息子を送り出しあらかたの家事を片付け7時くらいからうウォーミングアップしながら練習。

こんな朝から道ならぬ恋の濃い話を2時間もうたう・・・不倫だ反対された恋だなんだで、人は実に安定した生殖、つまりどっかの神が云っている通りに生めよ増やせよ地に満てよのために「正しい」「公認」「オッフィシャル」なアイをはぐくまなけりゃならんのはいいとして

 

それはどんなにつまらないものなんだよ、おい。つまり、

 

毎日さんま定食、今朝は朝から網でさんまを焼いて家中さんまの煙で、しかしうまい、今うまいですさんまは。でも明日は嫌だな。

「ここで今朝のさんま定食の写真をアップ」

 

であるから、こうやってせめて架空のドラマで不道徳な部分を代理解消してまた「正しい」道を進むというわけですか

 

田舎で正しい村の青年と結婚して幸せにトマト農園でも経営していくんだろうか?お嬢さんは。

 

でもその青年に浮気心はないのか?

そしたらまたじじいのジェルモンは消化器をもって駆けつけ、教義「正しい生殖の道こそ繁栄の礎の教え」、を説くのか。

いいけどジェルモンに「やましい」気持ちはないのか?

 

人類にやましい気持ちがある限りオペラも安泰だなあ。

つまり頭ごなしに「家」だの「跡取り」だの「墓」だの「血筋」だのもっと云えば「国」だのを守ることに専心、それらを破壊するような思想を弾圧するようなバカがたくさんいないとオペラはちっとも面白くなくなるですよ

 

田舎で取れたトマトです。アルフレードと食べてください。たまには仲良く2人で遊びに来てけろ  ジョルジュ・ジェルモン

 

ということになればおやじの言うとおり2人の恋はものの2年だろうなあ・・。目じりのしわや腹のたるみを許せるのは愛でも恋でもない「教義」の追行者としての自覚だろうから。

 

 

 

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。