宝槻美代子オフィシャルブログ

セクハラをスザンナはどうかわしているのかを学んでください「女」の皆さん。

明日は「改ざんフィガロの結婚」の千秋楽。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 3回も個人の声楽教室でこんな出し物をするのもすさまじいことだが、すべて「自主性」に任せておりますが(聞こえがいいが、先生の権威がないせいです、ハイ)、その「自主性」がめきめきと出てそして「発酵」「醸造」してきた感じです。毎週でもやっていきたい、明日で終わりか・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルールを厳しくすると発酵しないけど、あんまり緩くすると腐っちゃうみたいなことがあるんだと思うが、うちの生徒ってセンスいいのでそうならない。それを私は信じているかもしれない。というか、私以外の構築してくれるスタッフが優秀なので成り立っているだけかもしれない。その両方なのであろう。
・・・・・・・・・・・・・・・
 にしてもフィガロの結婚におけるスザンナ・・セクハラ、パワハラをものともせず、全員を幸福に、そして「先のステージ」に立たせた女。
こういう女がフランス革命の前にいた(正確には設定された)それは戦いだっただろう、素晴らしい、私はこの平等思想がない時代にですよ、ギロチン覚悟でこういう「女」を設定した原作者ボーマルシェ、および脚本にした詩人ダ・ポンテ、さらに原作は発禁処分だった(すいません違ったかも)ものを「言えないことはうたえばいい」(それは「セビリアの理髪師」での発言、たぶん)にのっとりオペラにしたモーツァルト、さらにそこに並んでしまうが、原作からそこだけを抽出してさらにふざけた話にした当教室「改ざん!フィガロの結婚」
。。。。。。。。。。。
 なんて、人間って素晴らしいのだろう。こういうものが時代の難しさを乗り越えて生き抜いてきたことに生きていてよかったとすら思う。
スザンナ。最後、セクハラパワハラ(たって、当時はほんとに人の、それも階級の低い人など気に食わなかったら殺されちまうレベル)の伯爵に「謝らせる」
このシーンにモーツァルトはいったんフェルマータを打ったうえに特上の音楽を用意している。
・・・・・・・・・・・・・・
その謝罪は「セクハラパワハラ行為」に対してはなく「心」に対して。心底謝るというのはこういうことだろう。そこまでもっていったスザンナというスープレッド役の知己と機転。誰も不幸にならないこのオペラの大団円に「この音楽」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
「女」の力を借りて世界は回ってるんだよな、男って「ちっちぇえ」と「心地よく」再認識させる「スザンナ」。女は強いよね。生む性だからね。男なんて種まいてるだけだからね(外に撒き散らす性質がある限り、内側でまじめにすることと矛盾する、それを糾弾したら人類繁栄しないんだから、そこ「女」うまくやりましょう)
・・・・・・・・・・・
そんな女に私もなりたいが、そうなれないなら、力ない振りをし、あるいはほんとに力なくなってしまい「強い男」についてあらゆるハラスメントを受け続け生きてく。。あるいは「なりそこないの男」などになり、煮ても焼いても食えないような女もどきになって生きる・・・多くはその中間のような。
・・・・・・・・・・・・・・・・
そう、男女平等って、いつでも「勝ち取って」行かねばならない。男を「ダメ」(口スケベでいうなら「ふにゃまら」)にしないように、あるいは「女」が受け身にならないように。元祖女は太陽なのであり、私たち(私も入っていいのか)は先に進む。そして先に進めるものは「気を遣わなければならない」、思いやりややさしさは、私たち(くどいが私も入れてくれよ)女が与えられている素晴らしい価値ではないか。
・・・・・・・・・・
スザンナはそこすべて教えてくれる。彼女は優しい、美しい、でも強い。エラースティコ(とイタリア語言う、というところでイタリア行ったこと自慢してみる、この単語はほんと頻発される)であれ。
・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
 それ期待されそうなので、書くけど、財務省の福田さん、こういうのセクハラっていうの?私の言語では「口(くち)スケベ」という。口スケベおやじに「対応」する義務はないが、それを「セクハラ」だなどと言う言語感覚がわからない。まして週刊新潮(泣くよな、もういまや女性自身、女性セブンなレベル)に「売る」っていう、完全に「アウトロー」な態度、であるにもかかわらず枠の中の人民のように「セクハラ」など主張するセンス。アウトローで生きるなら(私の中では文屋など全部そっち、もちろんうたなど「喜んで」そっち)貫徹して、もっと人間の根源に触れてほしいが。 
・・・・・・・・・・・・・
マスごみ同士のやり取りだし、Caro安倍ちん、を降ろそうという動きなのだと思うけど(「記者」ならその動きを取材しろよばかたれ)つまらなすぎるな。そんなところに「女」使わないでほしい。元女として抗議しておく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本当の被害者、福田氏の奥さん及びお子さん、もしかしてお母さん。人を泣かせてどうするよ、マスごみ、おら、記者やるなら、巨悪と戦え、女子供泣かさない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなレベルでセクハラカードを乱発すると、女の地位は下がるよ。やっぱ女ってバカだと言われてしまうね。スザンナ助けて!
・・・・・・・・・・・・・・
誰も泣かせないで、誰も不幸にしないで、自分の「権利」も祝福のうちに認めさせた「フランス革命前夜」(つまり人権前夜)の既知にとんだ「女」の物語「フィガロの結婚」、こうなると改めてすごい話なんだと知る。
。。。。。。。明日7時から。文京シビック小ホール、当日券2000円。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ししろー・続編

いきなり自慢のようなことを書くが(ブログなんか自慢と宣伝だろうが、私はこれを商売用に使っているんですが、実際は使い方が下手すぎて、宣伝にも何もなっていないからもう少し活用してください、と契約してるネットの会社から忠言されたりするが、こういうものがどうして苦手なんだろうか。息子は来年卒業してどっか行ってしまうだろうから、ラストチャンスで、スマヘに変えたり、今年中にいろいろなことを教えてもらわねばなるまい、が、めんどくさ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そう、で、いきなり自慢を書くが、うちのベランダは広い。60平方メートルくらいある。で、これはうちの所有というより「共用部分」だそうで(ふん、掃除をしてるのも私だがな)かつてここをすんばらしいイタリア庭園にしたら、マンションの管理組合に怒られ、弁護士まで立てて戦った経緯は今更頭に来てるが、もういいわ。それはその人たちの嫉妬であったと今ならわかるが、ま、私もやりすぎでした、「下々への」(by麻生さん)配慮に欠けましたかね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 で、すみません、すぐ傍系な話にずれて。その「広大な」ベランダにはどうしたって草木の一つや二つは育ててしまうものではないですか。その叱られたイタリア庭園の業者さんに今でも入ってもらい「管理組合の許していただけた範囲」で植物を育てさせていただいています、はい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 しかし、その「広大な」(いちいちうるさいが)ベランダは北向きで、冬寒く、夏暑い(なんてもんじゃない)そこで耐え抜く植物とダメになる植物があるが、そう、私は総じてこれらをこの酷な環境でよく枯らしもせずに育てていると、また自慢してみる。でもだめな時もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ししろーは「ここ」がダメだったんだろう、仙台に帰ったら、水泳までしてると聞いてほっとしてしまった(もともと水泳部、ついぞ東京で泳いだところを見ていない。こんなにジムもたくさんあって、さんざん通うように言ってたのに)植物も植え替えると再生したりするよね。ここでどんなことしても花が咲かないことについて私の「育て方」を責めるのはもうやめようと思う。なんか無理やり連行してダメにしたような罪悪感も思えば病的であったか。それは共依存と言われる類だったかもな。絶対言い切れるが、結婚なんか全部共依存、依存を「愛」と言っちゃう鈍感さがあるかないか。でも思うよ、そんな「言葉」に厳密でどうする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いや、やはり彼は病んでいたな。わかっていたけど、手放せなかった。病気というのはなんという甘美な誘惑だろうかね。依存といってもいいし、惰性といってもいいし、執着といってもいいし、あるいはもう一度言うけど愛とか言ってもいいし、
・・・・・・・・・・・・・・
そういうの中2病みたいな意見なのもわかってるけどさ。みんな大人が悪いとか、「みんな東大出のエリートの官僚が悪い」とかいうのも中2病。昨日谷中朝日湯で展開されてたが。税金も払ってないのにばあさんたちどうしてそんなことが言えるのか、あるいは区のタダ券で風呂に入っているのになぜそんなに長湯なうえに偉そうなのか
・・・・・・・・・・・・・・・・・
嫉妬で真面目なエリートやイタリア庭園がつぶされる、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いや、ししろー。ごめん、ありがとう、さようなら、どうぞお元気で、また逢う日まで、
・・・・・・・・・・・・・・
 わたし、ここ特に10年、かなりヘビーだったなあ、と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
気が付かないんですよ。人って頑張れるんだなそういうことって。「でも頑張るのはそこじゃない」(そのセリフ、マミーシンガーズの万引き防止劇にあるんだけどね、でも中2病的に言うなら、「いいとこにだけ出せるパワーなんかないぜ。それはいろんなところに試して使ってみて、加減を知るんじゃないですかい、「使わない」という「臆病」が「良い事」のように称賛されない社会を」)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私もうたやってなかったら、あるいは収入が無かったら、「我慢」してたかもしれないし、あるいはもっと「うまく」やれたかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・
 たまに電話したりしてみる。
それは遠いとこから響く。
・・・・・・・・・・・・・・・・
そういううたを思い出した。
ちょっと長いけど引用してみる
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛について(作詞作曲友部正人)
・・・・・・・・・・・・・
 壁に二つの影が映っている
子と母の影が映っている
2人は自転車をこいで、今、家に帰るところ
子は母に話しながら、母は子にうなずきながら
・・・・・・・・・・・・
子に父はいなく、母に夫はいない
父も夫もいない夜道を
2人はゴムまりのようにはずんでいく
ぼくには愛が二つの
ゴムまりになったように見える
・・・・・・・・・・
父のいない子は 愛について考え続ける
夫のいない母も 愛について考え続ける
愛について考えることで 二人は結ばれている
・・・・・
道ばたである日
星のように遠いはずの男とすれ違う
愛のことを考えながら
子と母と、男は道ばたですれ違う
星のように遠い場所から
男はその夜、子と母に電話をかける
・・・・・・・・・
愛のことを考えながら、子と母は生きていく
愛のことを考えながら、男もまた生きていく
遠く離れた場所にいて
どちらも愛について考ている
・・・・
つかまえた、と壁に映った子の影が言う
つかまえた、と壁に映った母の影が言う
子と母は自転車をこいで、家へ帰って行く
つかまえた、とつぶやく二つの影を
道ばたの壁の上に残して
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
矢野顕子の「ピアノ・ナイトリィ」で聞いてみてください。
これ引用して思ったわ。結婚なんか打算で充分、愛なんか煮ても焼いても食えないわ。
精神など窒息させてしまえ「にんじん//ジュール・ルナール」のなかの私の大好きな言葉.
・・・・・・・・
商売用に書くわ。窒息する前に当教室においで下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

協会

こんなこと書いて、また本番でろくでもないうたうたったりしたら恥ずかしいが、さすがにイタリア効果で今週はばっちりすべてが決まるなあ・・
・・・・・・・・・・・・
イドメネオのエレットラとか持ってたのだが、いちいち「私がそうしたいのでいいのだ」ということが分かった。
「そうすると誰かに怒られる気がする」というようなことを言うと、ルチア先生(もうこんな声きいたことないですよ。絶対これですよ)が「一体だれが?」というわけですよ。
・・・・・・・・・・・・・・
誰?
20180403_150937
・・・・・・・・・・・
日本の音大とかなんとか会とかはやはり「せんせい」の食い扶持になってるわけで、それはイタリアの先生だってそうだが、フランスで歌舞伎習ってるくらい不自然なうえに、フランス歌舞伎「協会」みたいのがあったりしたら、そらいろいろ「しがらみ」が不自然すぎる上に実態から遠ざかるというか。そういう人たちに、つまりすべての「協会関係者」などに気を遣う、気を読む、忖度する
・・・・・・・・・・・・・・
うちの生徒がある意味うまいのはそういう「経験」がない人が多いからだと思われるが、たまに「どうにかしろよ」とも思う。その思い方が「内向き」でないようにしないといけない。「フツウしないよね」みたいなことを言いたくないが、普通しない。でもそんなこと言い出したら「協会」。協会を突破するには「真実」だろ。そうしたら私は勉強し続けるしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「本当なこと知りたい」じゃないですか。まして「先生」なんだし。幾多の間違ったことを教えてきたかもしれない反省は常にあるが、間違っているというより、停滞していちゃダメなんだと思います。動かないことに「真実」はない。
私の一つの具体的結論としては、イタリアに行き続けることではないかな。
・・・・・・・・・・・
つまり「ここ」で「わからない」こと。
・・・・・・・・・・
現場な物事は「協会」とか作っちゃいけないんですよ、そこでの「政治」に興味が出た時点で「そのもの」から見放されたと思っていいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・
音痴と言われて23年、音大で少しうたがうたえるのかもな、と思ったものの、結婚子育てすったもんだ、夫が浪費癖で離婚などを経てまたうたを再開して23年、下の子就職決まりました(さすがすぐ決まる)犯罪心理学の教授が最近来ているが、若年受刑者の家庭で天ぷらが作られることは皆無だということです。皆さん、天ぷらを作ろう。おうちの天ぷらはたいがい油が少ないのと火力の問題でうまくいかないが、胃に入ったら同じ。子どもたちが「食べる」のはそこじゃない。「お母さんの努力」
・・・・・・・・・・・・・・
努力は力。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イタリアでmolto bene !が言ってもらえるまで。
もう、涙が出ちゃうよ私。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分協会会長になる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

行ってきましたイタリア

第一回目イタリア・マスタークラス
大成功!!(拍手)
・・・・・・・・・・
日本でブログ書く練習までしていったのにイタリアでなぜかこの場所に入れず、逐一の報告できなくてすみませんでした
IMG_0198

クラスのみんなで歩いてるところ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

イタリアに行くじょー

 持ってくパソコンを息子に設定してもらったので、今日本で練習してます。
夕方いく。総勢6名集まりました。一回目としてはまずまず。一週間レッスンだけして全く観光などなしで帰ってくる予定。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。