宝槻美代子オフィシャルブログ

ポールマッカトニー論

ポール・マッカートニーさん、ってやはり類まれなる才能の持ち主で、人間って遺伝子の絶妙な組み合わせで、天才やら変態やらいろいろな奇異なものをたまに生むが、大多数はフツウなひとなので、安心して暮らしていいわけだが、才無き者にとっての最大の武器というかお友達は「努力」であろうから、努力しよう。能力は皆一律ではないし、みんな違ってみんないいけど、何か一つのジャンルを極めようとするならとたんに順位は出る。
だから何かを極めようとしない方が心穏やかに生きて死んで行けるわけだが、そういう生き方というのを若者は好まないよね。でも区役所の試験が難関だというのを聞くと、「平凡」を極めようというのもまた大変である。若いくせにどうして区役所勤めなんかしたいのかわからないが。人生どうせ大変なんだからせめて仕事くらいは安定していて5時20分に帰れる方がいい、という実利主義的な、そらそうだ。
うちの向かいの隣の人は区役所員だが、おまけに独身女子。最後にマンション買ったかベイビー?
穏やかな老後が待っているんだろうが、
・・・・・・・・・・・・・・・・
これこれの月給これこれのボーナス、これこれの年収、退職金、でこれこれの人生、ってわけにいくのか?日々の生活は予算内でも、人生の収支は?
でも予算オーバーするよりいいでしょ?そうだけど。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おら、そんな辻褄合わせの人生なんかやだ、もっと何かないのか!生きてるってなんだ!!というのが若い人たちの悩みだと思うでしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブッブー違います。70過ぎても人は悩んでます。それはまるで「平凡」に人生を全うできそうな人々がですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だからドストを読んだらいい。わたしは文学を読まないでどうやって人生を生きていけるのかわからないが。それは裏道までナビしてくれる最高のナビゲーターだが、いや裏道を特にだが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人はただのピンではないということが証明したいだけで奇異なことをしたりする」 ドスト、たぶん地下室。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまりただのピンでよい、と決めてしまえば静かにたためる、いやあ、そんな生き方出来ないぜベイベー、宮崎駿のようになってしまった沢田研二とか、笑っちゃダメ。でも自己顕示欲ってみっともないよね。どうせ全うできないし。
凡人は努力もしながら無理しないで静かにしてよう。自己実現なんか出来ないんだから、たまにキャバ行ったりうまいもの食べたりコンサート行ったりそんなんで満足しよう、逸脱しない程度にね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも例えば「声を上げたら」いいと思う。下手でも音痴でもそんなことではなく、声を出す、誰にでも認められている無料な表現、うまいとかへたとかそんなこと言わせない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこうまくしたい方は当教室へ。そしてそこから解題しないと人の声など出るようになりません。当教室で、うたなどおおよそ無理な感じの人たちがうまくなるのは、「そこから」やっているからだと私は思ってます
「うたいたい理由がそこにある、そして、うたえない理由もそこにある」 当声楽教室のキャッチ。餅。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いや、ポールマッカトニーを見よ。しかし彼も自分の「神」(それは憑りつかれたような)に忠実に生きているだけなのかもしれない。音列が浮かぶと頭の中をネズミが駆け回ると表現しているが。
そんな天才をまじかで見る不幸を他のメンバーは体験している。特にジョン。マッカートニー・レノンでサインしている曲も多くはマッカートニーの作品だが、音楽で負けるって、ほんとにかなわないをまじかに見ることになるので辛いよね。で、たいがいは「言葉」に逃げるが、その先に「小野洋子」がいた、呼吸をしなさい、という言葉にジョンはほだされたが、そんなの私だって言えるかね。音楽は言葉で説明しだしたらもう二流。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな逃げた。ジョンはヨーコの持っている「言葉」に。ジョージはインドの持っている「精神性」に。相変わらずリンゴスターはそのままだった。彼はドラムがうまかったし、音楽が大好きだったので、そこから逃げるという必要はなかった。「そこ」とはポールの持っている天才性だが。
・・・・・・・・・・・・・・・・
解散3か月前のポールは本当に悩んでいた。もはやジョン、ジョージの心はここになく、ポール本人はよくわかっていないが、ポールの天才性に対する嫉妬と卑下だから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも私はこの年になって思うね
ジョンもジョージも、なんでポールと一緒にバンドが出来る幸福の方に目が行かなかったんだろうかね?
相手に憎しみに近い嫉妬を感じ、その人からとにかく理由をつけて距離をとりたくなる、というのはよくわかるが、もっと自分を知ろう。その人と出会ったことでここまで来たということを認めるってことは自分の才能を否定することだが、いや、そんな天才と「ご一緒出来た才能」に感謝すべきでは。
近すぎたのかもしれない。今ならセッションなんかしないで録音は出来る。もう10年やってたら、世紀の傑作が何曲も足されただろ、もったいな、世界遺産に登録しよう、そうかもうリンゴしか残っていない
本当に音楽だけが好きだった2人が残り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そみ、みそられ、れみふぁどどしそらそふぁみ、そららられどしどらそ、どれみらそ、そふぁみしど
ヘイ・ジュードだけど、だいたい「そみ」と下降型で励ます、ってすばらしい。
その後も割と低いところで励まし、れの最高音が出ながらすぐひっこめ、つまり人を慰めるってそういうことで、元気になってもらうのにいきなり高い音とか
でも励ましの歌だと
そどどれみみみふぁそ
とか作ってしまうじゃないですか、凡人は。凡人は凡例をなぞる。天才は本質を見極める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ポール・マッカトニー東京公演へ行ってきました

でも思うが、大きな会社は旧日本軍のようなもので、得体のしれない「上」の指示に従う兵隊たちで、それぞれに何の悪気もないだろうが。
サラリーマン、召集令状で駆り出された人々で、その会社に忠誠を誓ういわれもなんもないが、流れでそうなったというのに、そんなに会社の言いなりになることもないじゃんよ、
前回も書いたが、悪気でも思想でもなく「文化」を持ってくださいね、そこ。能楽堂のぼくちんをそそのかして建て替えを推進してここに何の意匠もないタワマンを建てるのはやめとくれよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いいビル造ろうにっけんせっけい」というコピーどうでしょうか?
「いいビルってなんだろう?」というのもいいかな。「うーん、それはみんながしあわせになる建物かな」「みんな、って誰だろう?」「子どもたちやらお年寄りやら多種多様の人たちだね」「でもここにいかにもな毛糸の帽子かぶっちゃうような老婆がいます」「そういう人も大事にしなくちゃね」「でも70人中老婆だけがここに居たいって言ってるんだ」「それは民主主義だから多数の意見に従ってもらうしかないかな」「老婆なんか死んだらいいね」「そうだね、でもそこはこれ金目でしょ」「金を積んで出て行ってもらうんですかね」「ある程度ね」「でもそれでもダメだったら?老婆は金の価値がわかっていないようだし」「金は誰でも欲しいでよ」「老婆はもう死ぬのも近いから、ここにいたいって言ってるよ」「ここは投機対象の地価の高い場所だからね、そういう人は森の中とかで暮らしたらいいね、誰も邪魔しないから」「でもそれじゃみんながしあわせ、っていうのと少し違うのでは?」「絶対多数の絶対幸福なんだよ、そういう変な人は排除していいんだよ、多くの「まとも」な人が苦しんではいけないんだ」「そうなんだ。老婆なんか早く死ねばいいね、僕はそんな人にならないようにしなくちゃ、「まとも」な人になれるように勉強頑張る」「そうだよぼうや落伍者にならないようにみんな努力してるんだよ、まともな人々のシアワセが一番大事なんだからね、まともな人たちにより良い住環境を届けるためにおじさん、月に残業100時間もして頑張ってるんだよ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、」まともではない不適切な言動なので削除いたしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも必ず誰しもひとは落伍します。その一瞬きっとおじさんも神に懺悔するだろうね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
権利ばっかり主張する落伍者団体を俺は毛嫌いしてたけどさ、それは「先に進もう」とするまっとうな我らの敵、めんどくさい人々、じゃ一体だれが税金払うのよ?って。会社の得は国の得、そしてまともな我らの得。
俺はこっち側のまとも人だと思ってたのにさ、すっかりじじいになって先月玄関先で転んだだけで大腿骨骨折の寝たきり人間。なのに日建設計さんがマンション建て替えだから良しなにお願いしますね、って言うんですが、じじいは早く死んだ方がいいですかね?
・・・・・・・・・・
結果として同じ場所に行くなら、早いも遅いもない。人は皆死にますそれだけです、ただ文化は残る、建物などというものはかなり残るものなので、そう不用意にしてほしくないのですね。街は少なくとも我々より長く生きるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポールマッカートニー東京ドーム公演。
4年前だか、前回も見ているんだが、パッケージ化されたステージは、これだけ綿密な照明と効果などの手前アドリブはないんだろうが、2時間近く水も飲まなきゃ楽屋に引っ込まないポールって。76歳。
ビートルズナンバーが受けるのは承知なうえで前半あえて新曲投入。私はそれら新曲にパワーがあって嬉しかった。ビートルズナンバーというのはいわば「観光地商売」なので、それは嬉しいが、新曲がいい、ってもっとうれしいじゃないか。感覚がずれていない。ぼけてないぞポール!!やんややんや。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビートルズの一人がまだ生きているという嬉しさで見に行った我らはほとんど団塊の世代からで、私など若い方。今回いい席で見てたが、前の人が立つと立たなきゃならん、アリーナ席は無理だわさ。バラードものは座りたいです。手を振ると五十肩が痛いです。ドームの階段も膝の軟骨成分が減っているのでつらいなあ。 
ポールの才能については後日。眠くなってしまいました。残業いたしません。Ciao,ciao

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。