宝槻美代子オフィシャルブログ

もつ焼きやの隣

どうして人は幸せになれないかね?
永遠のテーマだわ。
丹田から気が外に出ないからだと思うが、こういうの生きてるうちに「解決」しようとするとどうしても宗教などに走るしかなく、宗教の中には「消費」を入れてくれてもよく、
そういうのでごまかしているうちに良しなに死ねるから、それでもいいよね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人生はそんなに長くない。でも昨今そんなに短くもない。
でもいつか呼ばれる待合室での過ごし方などどうでもいいような気もするが、それを人生と呼ぶんだから、何とかしなくちゃとも思う。理想としてはわあわあわあ!!と叫んでいる間に呼ばれちゃうってことですよね。
つまり常に丹田から気を出し続け、出来ればそれが人のお役に立ったらとかいうが、お役に立つかどうかはどうだろう?人が決めることだし、それがお金になったらというが、お金は呼ばれたら没収だし。でもお金集めるゲームは楽しい。それは使い道を考えるよりずっと楽しいと私は思っている商売屋である(3代目)賭けなしのポーカーだって熱狂できるじゃないですか?待合室では麻雀やってるかなんか賭博やってれば時間を忘れるよ。
。。。。。。。。。。。。。
今日は二期会の会議だったんだが、マミーシンガーズのリーダーなので行かなならん。でもマミーってほんと私が当初思っていた理念通りのもの以上になっており、私はもう顧問のような立場でろくに働いていないのだが、メンバーの活躍が素晴らしい。
どういう理念で始めたかというと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まあ、音楽ってどのジャンルでも特にクラシックなど世界に通用する音を持っているのはほんの少しで、あとはその他大勢、大方は何々コンクールで何位でも、だれだれ先生についてうんたらかんたらでも、世界的には相手にされていないのである。その音で食べていける人などどのジャンルでも10年に一人というか、そらその1年に3人出ることもあるとは思うが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、じゃその下でどうしたらいいのさ、という話だけど、そこにもいろいろ順列はもちろんあるわけだが、しかし私は二期会の研修所に行っているときは娘小学5年生息子幼稚園年中であったが、この研修所の練習を子どもたちに見せたいと毎回思った。研修生などうまいのへたのいろいろだが、でもとりあえず近くで聞けば迫力。面白い、躍動感、人の声ってすごいんだな、くらいのインパクトは絶対ある。そこで感動した子どもたちは将来絶対オペラを見に行く。オペラのすそ野を広げとかないと、宝生能のようになっちまいますぜ、一部の特権階級の自己顕示欲アクセサリーにすれば必ず何十年か後にはその文化はすたれます。
・・・・・・・・・・・・・・・
教員免許を取ったおおよそ演奏などと言うものと程遠い教師が音楽の先生をやる(彼らの興味は「音楽で安定した給料と年金」)と決まっていますが、子どもたちに音楽のなにを伝えようとしているのか?かといってちゃんとしたソルフェージュ教育をしているわけでもない。
そんな教員に給料払うくらいなら、私たちがゲリラ的にオペラを持って乗り込んでいけばいいだけではないか。原語でいいが、そこ偉大なる文化二期会中山悌一先生の日本語訳を持っていこう!そこで感動すればその先楽譜を勉強したりは自分でするから。音楽の授業なんか毎度演奏会で十分。無能な音楽教師の恩給の場にしてはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余談)10歳までに食わせればその人は一生喰うようになるのさがはは、とマックの日本総裁藤田田がいうので、私は子らに絶対11歳までマックを与えないように努力しました。アメリカってな、そういう分析がいかにも文化ない国の考えだが、「結果」から逆算するようなやり方。でも「提供するものそのもの」がくだらないとどうなのよ。定着したかもしれないが、マックはしょうもねえ食い物として認識されてただけで、私も小学5年の時にマックは上陸したので初めて買ったのはYWCA帰りの御茶ノ水店だったが、そのころはこんなうまいものほかにあるのか!と思った。が今じゃ「忙しい時」「金ない時」「しょうもない地域でマックしかないとき」「もう食いもんなんかとりあえずどうでもいいとき」しか食しません。
東大に行くメイン通りの本郷3丁目角のマックは撤退しました。「日本の頭脳」はとりあえず食べないか。パンなどすべてが柔らかすぎる。歯ごたえのないものしかたべられないのは病気の時だが、マック、コンビニの食べ物もまずそこから嫌だよね。「ちゃんと」した人間は歯ごたえのあるものが好きである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オペラ、はいいものだと思う。少なくとも人の声というものの可能性を限界まで突き詰めたエンターテイメントである。
さっきの言葉で言えば、丹田から外にどれだけ出せるの、どんだけ?という所業である。それを出来ない人がそれを見る見世物である。声のプロレスのようなもんかもしれないが、それはまじかで見てみるとやはりすごい迫力である。
・・・・・・・
すごい選手は大きなホールで人いっぱい入れてもその凄さを出せる。でもさっきいった「その下」の演奏者だって出来るんです。ただし小さいところでやればよい。学校なら教室に乗り込んで場外乱闘としたらよろしい、
その時子どもの知ってる曲とかじゃなく、ぜったい「オペラ」である必要があると思ったんですね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オペラにはそのくらいの力がある。
・・・・・・・・・・・・・・・
その考えでマミーは始まり、いまや東京都に買っていただき年間10校学校回りをしている(行く学校選は激戦)そのほかどんな小さい公民館でも幼稚園でもお座敷がかかれば行く。
理念がメンバーに徹底しているのがなにより嬉しいです。
これ立ち上げての1年間は本当に苦労で・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、
私はどんな苦難にも立ち向かってきました(いや、夫がキャバクラ依存症で家計が破綻したくらいな苦労だが、気の弱い主婦なら1年くらい寝込んで挙句うつ病くらいなるくらいのインパクトであったが、私が大変だったのはこの破綻者を更生させようという20年以上にわたる努力であった。私は「無理出し」をするのが遅いのだと思う。もっと早くあきらめてたら夫の傷も浅かったのかもと逆に申し訳なく思う、どうしていますかなにしてますか?私の名前を覚えてますか?ピアニッシモの秋ー中田喜直)
で、その私がめまいで起き上がれない一週間があったくらいに。マミーの立ち上げは苦労であった
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのくらい本気なものには必ず賛同者がやってくるもんだね。
初期メンバーは最近話題は介護。でもうたっていくんだ!というおばちゃん根性。いきなり卵5個投げつけるようなうたうたってますよ。
音大出ようが二期会出ようが音楽がアクセサリーみたいになってしまっているのであればもう苦しまなくてもいいわけだけど。
だからマミーは決めたんですね。ボランティアはしない、チケット代で相殺のコンサートはやらない。あくまでスポンサーからの出資で(3000円で3人というNPOままとんキッズの仕事を私は1年続けた)やる。
・・・・・・・・・・・・・・・
うたの社会性、というようなことを考えた。いつまでやってんの?発表会。投げ銭取ってでも「誰か」を見つけよう。私のうたを買ってくれる誰かを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マンション売却の憂き目だが(宝生のおかげでさ)相談している不動産屋が、飯田橋駅1分の買い取り物件を提示してきてくれて、笑った。
それは私はよく知ってる駅から1分。昭和40年代から建ってる長屋的アパートだけど、一階店舗、2階3階は好きに使える。3階貸すと月3万になるというが、いやいや隣りはもつ焼き屋、とにかく赤ちょうちん長屋。
まったく私はいいんだが。ゴキブリ出そうでダメかな。生徒に言ったら、私は面白くていいけど、新規の生徒さんは勇気でしょうね。
・・・・・・・・・・・・・
いくら先生がこうでも、このマンションってことである程度薔薇背負ってるイメージが確保されてたとして、ほんとにもつ焼きやの隣になったら・・どうなんだろう
「そんな趣味もっている素敵な私」を捨ててもらわないとだが、そこまで捨てるのも文学的自虐だよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
声楽なんかもつ焼きの隣だと私は思っている者ではあるが、もつ焼きくらいにはうまくしたいよね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。