宝槻美代子オフィシャルブログ

練炭でやられる前に

先週、チケットがほとんど捌けない今週末のコンサートの打ち合わせを出演者としたわけですが、恐怖の泥縄コンサート、という副題をつけたいと思います。と にかくその場で新しい重唱など決まり、しかも今日また合わせだが、今日決めることもたくさんあるという体たらくぶり。今日までにあらかたの台本を作る役は 私だったのですが、申し訳ない今週日曜の教室発表会のプログラムを打つのに3時間もかかってしまいました、合わせの7時までには何とかしますので・・。

 

しかし手ごたえが・・あってはならない手ごたえがあるんです。このシリーズはこれからももっと頻々とやっていいかも、第2の「グー」と化してしまうかもしれないが、3人の変な火事場力にかける泥縄式アラカルト

 

出演者も観客も緊張感のないいいコンサートになっていくんではないかなあ。

 

昌子とは二期会からの友達、五十嵐くんはおととし行ったイタリアの声楽のコルソで知り合ったんだが、なんか昔からの知り合いのよう。へんな3人組

 

昨 晩、今日のお弁当の仕込をやらないで寝てしまったので、それと教室発表会のプログラム打ちという難行(ごめんなさいよ、3時間もかけてこれかよ!なものに 仕上がりましたが、ウムラウトとか出せないし、行とかごちゃごちゃするし、なんか突然消えたりするし、わかんねーよパソコン)がリミットだったりしてあん まり良く寝れませんでした。

 

後でラクーア温泉行って寝てきます

 

「主婦」はさあ、家にいてもゆっくり出来ないのよ、それに 家には大学4年というそれはそれは人生で一番余裕のある時期の娘がいます。大学は週に3日しかないし(それも授業はちょっと)バイトはしてないし、就職な ど音大生には存在しないので楽しく練習などしているばかりです。もうこの世のものとは思えない優雅さです。

 

私も4年の時にはいい気な暮らしをしていました。そんなことしてられるのは今のうちだ、と連日母に恐喝されていましたが。どうして親ってそういうこというかな。そんなわけで、当時手じかにいたししろーと結婚してしまったのです

 

それは「間違え」というような「やり直し」がきくような話ではなく、

 

絶対戻れない人生の始まりだったような気がします。

 

結 婚と言うものはそれがどんなに恵まれていようがいまいが取り返しがつかないスタートであるには変わりなく、あとはウオータースライダーのようにただひたす ら逆らえない重力に悲鳴を上げて翻弄されるのみ、離婚してもだめです。再婚しても同じです。ゴールは最後の水受けプールで死に体になった自分を発見しわれ に返る、というような

 

結婚したい皆さんが多い当教室は、合コンなど開いたりしております。

 

どうなんざんしょ、静かに暮らしたいならそんなものおやめになり、淡々と自分の食べる分だけ確保して死んでいけばいいですし、特段ありもしない「結婚」をでっち上げなくてもいいのでは?

 

ドキュンなヒトビトのような二口なら食えるとか出来ちゃったとか愛だとか俺について来いだとか墓を守るだとか、そんな価値が明確な時に結婚はしやすいですね

 

豊 かである程度教育レヴェルも上がり、イエを守るとか土着でムラな考え方も減り、故に臆病で懐疑的、そんなヒトビトが結婚に踏み切るには天変地異でも起きる とか(実際去年の地震以降増えたという話)体が悪くなったとか気が弱くなったとか、まあマイナスな出来事でもないととても・・。

 

なにかしらの「良いイメージ画像」に幻想を持ってしまうんでしょうが、エプロンに温かいホワイトシチューとか芝生のある家に白い犬とか、永遠の「安定」とか。

 

それ持ったからってなにも練炭で殺されるほどのことではないがさ、

 

 

爆弾抱えて迷彩服で泥の中を突っ込むくらいなイメージですが、今の私の結婚観は。

 

泥だらけでかっこいいぜ我、と思える体力と好奇心と自己顕示欲があれば「幸せな結婚」もありではないかな。

 

戦争は見てるよりやってるほうがずーっと楽しいでしょうからね

インフォ 来週土曜のチケット買ってください!

みなさん、再度お知らせです

 

オペラチック・ア・ラ・カルトⅡ
4月21日土曜 1時半開場 2時開演
東京駅近パソナグループホール

 

渡辺昌子(S)ホウツキ(S)五十嵐正一(Br)
中島裕子(pf)
春のうた、次回予告でフィガロから手紙の二重唱など(これ苦手)

 

チケット2000円(値下げ断行)

 

が4枚しか売れません。毎度こういうものやると完売でしたのであまり積極的にお知らせなどしてこなかったのですが

 

積極的にお知らせします。

 

し しろーの会社関係の皆様おはようございます。いつもお世話になっております、ししろーはアスペルガーであると私は診断していますが、やつの今のこだわりど ころは洗濯石鹸を初めとする石鹸類、強風、階下への水漏れ(何のことか一般の方にはわからんでしょうが、感心事が特定され(たいていどうでもいいこと)優 先順位がめちゃくちゃ)わたしのチケットの売れ行きなど105番目くらいの優先順位であると思いますので、皆さまよろしくお願いします(会社の仕事の優先 順位も石鹸以下です、やりにくいであろう事お察し致します)

 

 

生徒の皆さんも、翌日発表会なのでどうかと思いますが、先生のうまいうた聞いて士気をあげましょう。

 

お問い合わせ先
03-3816-3461
あるいはホームページのお問い合わせのフォーマット
あるいはinfo@houtsuki.com
までお願いします

 

これから教室に入ろうかな?の皆さんもまず先生の実力を聞いてから、と言うのはどうでしょう?

準備

火曜日からは学校で息子の朝特訓講習が始まり(今年東大合格者を10人も減らしたその学校はそれはそれはやる気である)週6日・・・つまり私は6時半には朝食を終了させ弁当を持たせるという事を週6日・・つまり5時起きが週6日・・

 

今でも朝は5時には起きているとはいえ、そこから読書したりぼんやりしたりの至福の時間を過ごしている私であるが、

 

否、すぐ回収。

 

人生は場当たりである。そうなったらそうする。

 

そうすると7時には家事も終わるであろう、8時まではさすがに練習は無理ですから7時から8時のあいだは滞りがちな日記を書く時間にします。

 

ですから毎日更新予定、乞う御期待

 

卒業と入学、学校が終わっても小さな卒入学を繰り返すんです、

 

さようなら一ヶ月間、ありがとう朝寝、5時起き入学おめでとう、走馬灯のように思い出されます。一ヶ月の朝読書は新しい活力を与えてくれました、くれました(Tutti)くだらない週刊誌もたくさん読みました、読みました(tutti)。

 

週 刊誌というのはくだらなくする努力に満ちているようで、今更原発どうのと云ってますが、東電から広告料が入っていたころにそんなこと書いていたメディアは あったでしょうか、察するに今進行中の「問題」はいつでもアンタッチャブルであり非公開なので、巨悪と戦えない以上無灯火自転車を照合するおまわりのよう に
木っ端な「罪人」を吊るし上げているしかないんですね

 

でもそんな「見せしめ」も病んだ心には一服の清涼剤、

 

ここに商売の地雷を仕込みますけどね、お客さん、うたひとつ、いやうたわなくてもいいんです、自分の声ひとつ満足に出せれば人生は何にもいらないくらいシアワセなんですぜ、見せしめを必要とするような人生は暗い、

 

シアワセな教室の発表会

 

4月22日(日)6時30から
文京シビック小ホール

 

今年はあと7月10月12月に発表会予定です。昨日合わせでしたが、皆さん意欲的です。当教室の発表会、これほど面白いクラシックのコンサートは見たことないです、といわれたことがありますが、退屈しないこと請け合いです

 

 

ついでにその前日は私のコンサートです。前回原宿でやったものの続編です

 

オペラチック ア・ラ・カルトⅡ
4月21日1時半開場2時開演
東京駅から2分パソナグループのホール
イタリアで毎日一緒に遊んでいた3人で春のうたなど企画してます。これもまた退屈しない内容で勝負したいと思います
チケット3000円

 

これ2枚しか売れていないので!応援お願いいたします!!

 

・・・・・・・・

 

先週自分のレッスン行ったら、ホウツキーまた泥縄コンサートやるのー?と言われましたが、いえいえ、人生全て泥縄方式、そしてこれからもそうしようと固くココロに決めています

 

縄の準備ばかりしていてはいけない

 

立派な縄など作ってしまうと泥棒が「必要」になりますからね。そのさかしまな順番が世の中を暗くしているのではないでしょうか?

 

「準備」と言うものの性質として「悪い事態の想定」と言うものがありますが、悪いことを想定した仕事は「悪いことは防げる」という事だけで良いことは生みにくい。

 

と、いきなり対談ですが、でも昨今想定外などと喧しく、「そうならない」ように準備が必要だと

 

電 力不足に備えて原発を作る、CO2を削減に備えて原発を作る、でも活断層の上に作る、準備とは常に鋭角的で守備方向が一方的です。では活断層の上に作ら ず、海辺に作らず、非常電源も山側に準備、北のミサイル等のテロにも備え近隣住民にヨウ素剤とみやこ昆布の配給も万端、そこまでやってもまだ想定外は想定 してないことなんですから何が起こるかわからない。

 

だったら節電して家で寝てろ、という事になります

 

電力がなければ経済は破綻する、と言う考えに基づく「準備心」と原発など再稼動させてまたフクシマをやったら大変だという「準備心」の戦いは終わりはありません。準備しないことです

 

私は子どもの学費も自分の老後の蓄えも何も準備してないDQNな人間ですがこのたび最後の230万を払い長女の学費は完了しました、いやあお疲れ様でした、何もしませんでしたが。はは、終わりましたねえ先生。

 

鼎談ではないのでししろーさんは入ってこないで下さい

 

準 備している人は準備もしないでのらくらしている人をイライラしたりバカにしたりしますが、準備している人にだけ「その仕事」はあるわけで、で、たしかに私 はその準備を引き受けて「仕事」を始めましたが仕事の仕方は泥縄です。只今の私は人の声を変えることにしか興味はないので、そんなことはその日その場でや るしかないことですからその瞬間にしか興味はない。でもここでまた商売の地雷を仕掛けますが、声をどうこうすることは人の「シアワセ」と直結しているとい う確信がありますので、みなさん声を出してシアワセになりましょう

 

でも声楽なんて難しいことには準備が要るんではないですか?

 

練 習が準備になってしまっているとき、その練習は「準備」にならないのです。いつでも今現在対象に向かって「しでかしている」だけのやり方が唯一の道です、 わかっちゃいるけど準備という暗いとらわれから人はなかなか開放されない。「仕事」は準備ではない、仕事が準備になっていることを「堕落」といってもいい と思う。

 

ホウツキ先生のとんだ「堕落論」を読んでしまった皆様、日曜なのにしまったなあ、などと思わず、さて本日東京地方桜満開、有象無象が集まる名所などに行かず、街でひっそり咲く桜を探しに行こうではないですか。

 

一年間開花を「準備」して一瞬で終わる花はまた性懲りもなく来年の開花を準備するんですからね。

 

いったいわたしたちの「準備」にどんな花が一体いつ咲くのかについて。桜の下で考えたいと思います。

六号病棟

本当にこの仕事してて何が一番よかったかって

 

バカと付き合わなくていい

 

ということだろう

 

うちの生徒にバカはほとんどおらず、それは東大はじめ偏差値の高い大学出身者が多いというようなことだけでない、高学歴者はバカでない可能性が高いがバカもいる。私のおもうバカとは

 

表 層をその通り受け取って決してメタせず真意をわかろうともせず、わからないことを恥じぬばかりか自慢にすら思うような、そのくせ世間知にたけ、「常識」を 振りかざし自分の無実を信じてやまず、少しでも「常識」を踏み外したあるいは踏み外しそうな「思想」を弾圧し、永遠の凡庸は神にでも通じる道と勘違いして いるのか祈りの呪文のように「ふつう」「ふつうしないよね」を唱え、集中力がないことを快活と勘違い、凡庸を明朗と勘違い、思考力がないことを純粋と勘違 い、

 

勘違いは健康の元、全ての病気は「気」の病であるから、考えないなら病気ではないが、どっこいそれなら私は健康なバカより病んだソクラテスになりたい・・・

 

というようなことを考えがちな憂鬱なソクラテスの皆さん、おはようございます、世間はバカの坩堝故月曜は斯様に辛い、私は休みですから辛いソクラテスの皆さんに一曲うたでもうたって進ぜよう

 

 

梅は咲いたか桜はまだかいな

 

 

  電車で2駅ほどの千石「おとめ湯」に行って、帰り飲み屋を探して歩いたら、いまだほころばない桜並木、それは巣鴨へ続いており、ししろーが東京出て大学の コンパで初めてうたった曲が「また逢う日まで」だったというから、それは田舎から出てきた苦学生の堕落へのイントロダクション、いや、ことごとく出現する 「堕落の動機」それが巣鴨のその店の2階。

 

うまいこと勤勉でお人よしなソクラテスを捕まえ、こうして銭湯代とそのコンパ会場の一階、耐震補強無し次回震度5でやばいような飲み屋のエビスビール代を出させて、いやそういうせこいこと云うのはやめよう、立派な家には食客がいるものです。

 

その巣鴨駅前で酔狂で買ったチェーホフを読みふけった週末であった。

 

「退 屈な話」の新訳を読みたかったんだが、なんと岩波文庫、振り仮名だらけ。「貼りつく」「瓶」「塗り薬」も読めないか?(岩波ジュニア文庫だったかと表紙を 見返した)おおい、岩波、わかりやすく、はやめてくれ、わからないことは恥ずかしいと思うのが「普通」な国に戻ってほしい。岩波がそれを牽引してほしい。 読みにくくわかり難いを高尚と勘違いしてそういうものを読もうという若者の意欲を殺ぐな。

 

 そんなら文京区役所のホールの難解なネット予約や、準急行と快速の区別の難しい京王線の表示などを「わかりやすく」してほしい。

 

 

「退屈な話」に附帯されていてなぜか今まで読んでこなかった「六号病棟」が面白かった。

 

ソクラテス必読。

 

  田舎町でバカばかり、誰ともマトモな話が出来ず、本の世界に逃げているようなきわめて現実生活に「居場所」のない医長が、自分の医院の精神病棟に「話のわ かるソクラテス」を見つけてしまい日参、そういう事のわからないバカ達に(バカって少しでも「変」なことするとすぐ騒ぐから、そういうところも良く描写し てあり枡)積年の恨みを晴らすように「バカ」と言ったばかりにその精神病棟(六号病室)に収監されてしまう、というお話です。

 

要約としては完璧だと思うな。ぜひ一読ください。

 

 

 バカが大声で(バカは声が大きい。前頭洞に空間が多いからか耳が悪いからか)常識を語るような職場のソクラテスは皆心が寒い月曜日、自虐してココロなど病まなくて結構、正しいのは君だ、昔から文学は居場所のない我々の味方である。

 

そしてぜひ当教室にお越しください

 

こここそ私達の居場所、「六号病棟」でありますよ。

週間報告

音楽週間終り

 

火曜 府中芸劇舞台リハ
水曜グー 重唱3連チャン、ルチア、トロヴァトーレ、アイーダ、ほか
土曜 府中芸劇午前午後興行「うたう桃太郎」ばあさん役二重唱、ソロ5秒
日曜 金曜コーラスの恒例老人介護施設慰問演奏

 

でもこの間連日風呂屋には行ったし(人は好きなことは忙しくても必ずやりますね。忙しくて出来ないという言い訳は、優先順位が2番以降に下がった、と言い換えられます)全部終了後打ち上げましたし

 

何でもやれば出来るもんですなあ、がはは、

 

グー は最後体力が、というか集中力、いや、やはりそれを保つ技術が足りないと思いました。全部完璧に相手をしていただきました杉崎氏はだんだん尻上がりであっ たというのにです。毎度の課題ではあるが最近わりと調子良くなってきた低音が(それは年取った御褒美だと先生には言われているが)響きが減る。

 

Ritorna vincitor!
と冒頭うたったら地震が来たのにはびっくりというより、店から一人逃げてしまいましたよ。グーという店は避難路が一方にしかなく、ここで地震来たら誰よりも先に逃げなくてはなあ、と日頃から自分のことばっかり考えてたもので、それが出てしまいお恥ずかしい限りです。

 

土 曜、府中芸劇はマミーの仕事。なかなかの水準だったと私は思いました。このパッケージは台東区からの依頼で「早寝早起き朝ごはん」キャンペーンの為マミー は区内で配るCDを作った事があるんですが、それの舞台版で桃太郎とくっつけ「うたう桃太郎早寝早起き朝ごはん」という1時間くらいの音楽劇を作ったんで すが、まあ、良く出来てるのよ。桃太郎はおじいさんおばあさんの作るおいしい朝ごはんで立派に育ち、方や鬼はコンビニのものばかり食べて、夜はゲームして るから、鬼が島の決戦で負ける、でも最後はみんなで田畑を作って健康に暮らしましょう、という共産思想で終わる(生協に売り込みに行こうかと思う)という ストーリーで、まあとにかくマミーや客演がうまいから大変商品化していたと思いますよ。

 

終わってから5歳くらいの男の子が私のところにやってきて(他の鬼の扮装などには怖くて聞けなかったんだと思う)

 

みんなぜんいんなかよしになったんだよね?

 

と確かめに来た。このくらいまでの子どもってフィクションをリアルに感じられるようなんだけど、この能力はいつ失せるんだろうか?

 

と、 日曜は老人ホーム慰問、もうすでにこちらの金曜コーラスのメンバーより年下も多いだろうなホームの皆さんのお誕生会に招かれての慰問演奏です。演奏を供す ることでうまくなっていくという正しい循環を作っていると思う。20曲近くを暗譜で持っていくのはこちらも若くないわけで大変なんだが、絶対バリアを作ら ないという考えからやっていますが、できるものなんよ人のためなら

 

 

 リアルがフィクションになっていきつつある老人は子どもにも似て先の予測が出来なくなっていくようなんだが、

 

それなら「今」が楽しいしかない。

 

「今」楽しくしている人たちが「困った人」になってしまう状況というのは「大人」の都合である。大人というのは生活維持者であるが、なんで生活維持は「今」が楽しくないんだろうかね?

 

 

 

今日は生活維持の日なので、ダレた主婦の大掃除位には掃除洗濯、税金支払い(溜めてたので多額)どうしても、な緊急性のある生徒を一人だけ見てノルマのアダルジーザを見てやはり最後は風呂屋だが、

 

晴天だね、いろいろあってみんないい、差し迫った暗譜もないので今日は気持ちに余裕です。

フツウが一番

土曜のキブンヤは2時間半にわたる有志生徒の独唱重唱の応酬、皆さんお疲れでした。

 

フツウなOLだったりサラリーマンだったりの皆さんを こんな異常な世界に引き込んでしまって申し訳なく思っておりますよ。でも刺さった矢は後ろには引けない構造になっており、やりきるしかないので、みんなで 向こう岸まで行きましょう。此岸から彼岸へ行くには体力と祈るような練習です。

 

アイーダは次回グーでやります

 

とってもVerdi Night
3月14日水曜 7時半
本郷3丁目ライブハウス グー
3ステージ目は開放
チャージ2000円

 

出演
原由利子
杉崎竜二
ホウツキ

 

ここは私と原さんの実験場であるんだが、いろいろやらせてもらってありがたい場である。お客は常に2人から5人の間で推移。もしかすると私はこの店の「売れっ子」なのかもしれない。10人くらいは呼んでますから。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
日 本ってフツウであったかな人々が同じ言語を話し、争わず思いやり絆プロジェクトで暮らしているように見えて、いや実際そうなんだろうけど、もうすぐ未曾有 の大災害が来るというし、でもまあこの前も隅田川は死体の山だった話を風呂屋のばあさんがしてたが、それは東京大空襲の話しだが、

 

今時ののびのび戦士ゆとレンジャーはアメリカが日本と戦争したことすら知らない者もいると云います、しかしその前には関東大震災もあり、こんな危うい地盤の上でどてらなど羽織り鍋など囲んでほっこりしていられるその精神力はもはや彼岸のものですね。

 

「対策」意識が薄いんでしょうか日本人。なってから考える主義なのかとおもいましたが、フクシマでわかったのですが、なっても考えない主義でした。見ぬもの清主義。

 

い ろんなヒトビトがいますね。いつも紛争してる中東地域なども滑稽です。仮想敵を作る、それに向かって戦う、血が騒ぐお祭り好きな性質は理解しますが、ブラ ジルのように踊ってしまう方向には行かないんですね。いつも先の先の危機を考えすぎて過ぎた手をうってしまっうアメリカの神経症も問題です。世界を暗くす る思想です

 

日本ってなんだろう

 

・・・・・・・・・・・・・・
また話がでかくなりそうなので対談にします。でも最近陰のうすいししろーを呼んで鼎談にしてもいいかな、と。

 

し:呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん

 

先:面白くないです

 

司:最近あまりやばいことをしでかさないので、一見フツウな家庭生活のように見えます。

 

先:おもしろくないです

 

し:なにかして差し上げましょうか?

 

先:しでかすことも凡庸でおもしろくないです。所詮田舎者の逸脱①という感じでスケールがない、白飯食って寝ておれ、という感じです

 

司:云いますね。夫婦喧嘩の場ではないので注意してください

 

し:私は何も見ない、何も聞かない、なにも大事なことはしない主義なので大丈夫です

 

先:でもくだらないことはします

 

し: 田舎者の逸脱②です。実家はまじめでフツウな人しかいない家です。酒もタバコもまして女も賭けもパチンコすらやらない会社員のお父さんと専業主婦のお母さ んまじめで優秀な子ども2人という構成です。ローンで高台にマッチ箱のような一軒家を買いました。国産車1台は庭を一部潰して止めてあります。典型的な郊 外の核家族です。貧乏サラリーマンの家庭とは質素なものです。

 

先:しかし質素、という言葉から来る「いい感じ」がないのです 家は物にあ ふれ、食べ物もたくさんあります。お金がない、うちは貧乏だから、という枕詞が必ずつくお母さんがいるので、家族は「逸脱」できず、常に怯えた消費を強い られている。「貧乏」なわりには「かあさんは夜なべをして手袋あんでくれだだよ」的ないい話にならない。基本お母さんは働かず、かといって家もきれいなわ けでなく、子どもが優秀でない場合はもう教育にも熱を失いそれは全部貧乏で塾にやれないからだと言い張り、こうして家の隅々からお母さんのルサンチマンな 叫びが日毎聞こえてくるような家。

 

し:僕は優秀でしたから塾なんか行かなくても勉強できましたが、あはは

 

先:国立大学行 くしかないのでそんな環境から抜ける片道切符は学力です。逸脱③です。わたしは変な家に育ったので、自分も家族も、まして異母兄弟も向こうのお母さんも みーんな変人でしたから、ヘンでない「フツウ」な家族を見るのは初めてだったかもしれない。郊外型核家族、という社会学のカテゴリーですが近年それは問題 になっている。もう「犯罪」は郊外でしか起きないとまで云われています。「フツウ」を標榜する人たちの逸脱最終項ですね。

 

司:フツウであるというのは日本人がとても大事に思っている価値観だと思いますね

 

先: 人はフツウではないので、その枠からはみ出す部分がたくさんある。それをフツウのほうにあわせるので体に良くない。フツウという考え方はたとえばユニクロ の洋服のパターンが誰に合わせているかさっぱりわからない「標準」を持っていて、誰にでも合うけど誰にも合わないのと同じで、そんなものは幻想なのです、 フツウとは怯えと怠惰と見得の集積です。お父さんの給料に不満があるならお母さんがヨイトマケでもなんでもすればいい、子どもも中学でたら働けばいい、で もそういうのはフツウでないからやらないんです

 

し:フツウが一番と教えられてきましたからね。公務員になれとしきりに云われました。でも今になってみるとそれが一番向いていたかもしれません。

 

先: 生徒から借りた鶴田錦史という琵琶師の評伝を読んでますが(「さわり」佐宮圭 小学館)まあ、フツウじゃない、ってこういう事で、その他大勢はフツウでい るしかないんだろう、とは思います。せいぜい昔のフツウじゃない作曲家が作った異常なうたでもうたって逸脱体験しているだけですかね。それはキャバクラで 散財するのと同じ逸脱ですが、こっちのほうがより濃厚な逸脱ではあります、陳腐な逸脱はみっともないです

 

し:「フツウからの逃走」ですか

 

先: フツウからの遁走です。そして私がやっているのはそれを斡旋する仕事、箱根の観光地なんかに良くある売れない「陶芸家」がやっている「楽焼体験の店」みた いなものです。作った作品は持ち帰れます。うたがいいところはこういうつまらないガラクタなゴミ作品が出ないところです

 

司:まとめるほどの内容でもないですが、そろそろ謎の整体師小池先生のところにいくので(小池先生はうちの声楽の生徒でもあります。うたうまいです)つまりフツウの生活からの逸脱を小さくやりながらフツウの人は生きていこうという提案ですか?

 

先: どこまで行けるかフツウの自分逸脱ラリーです、でも最近思うが、こんな大地震が明日来る家も知れない土地の上でのんびり鍋つつきながらたいした対策も立て ず(手をこまねいているという雰囲気でもないよね)フクシマではコメの生産も始まるようだし、「それ」はもうないことにしたんだね。いやあ、日本人なかな かに逸脱民族、フツウでないです。恐れ入ります。びくびく水買ったり西日本の野菜買ったりしている自分の臆病が思いやられます

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。