宝槻美代子オフィシャルブログ

レッスンのキャンセルについて

そんなことばかりじゃないと思いたいが、「自分の儲け」ばっかり考えないようにしようよ、自営業。
・・・・・・・・・・
自戒だな。規約などは考えられないほどな「あほ」がいるので、組織のガタイがでかくなればなるほどいろいろな規約があるのはしょうがない。そういうところは「組織」は「サラリーマン」を雇っているので、そうそう勝手に身動きは取れない。
でも小さな自営業である私は「心」だけでやれる範囲でやって13年、いろいろありましたが、皆さんのココロと直接対峙しているので「問題」はほぼほぼ起きない。
・・・・・・・・・・
例えばレッスンキャンセル、などもまったくその日で結構です。具合が悪い、都合が悪い、行く気がしない、全部ありです
それがうちの「規約」です。
気が向かなければ来なくていいんです。むりむり来てもいいことは起きません。しかし「そういうキャンセル」はほぼ入りません。一回ごとのレッスンですが、じゃ、月何回でいくら、あるいはチケットを買わせるということで「来る人側のメリット」ってどこにあるんだろうか?そういうメリットってやってる側の自衛というか、生活というか。※子どものピアノのレッスンは毎週原則。子どもは「練習」出来ないからです。
・・・・・・・・・・・
ヤマハが月謝引き落としにしてるようなことであるから、ヤマハ的な民族は月謝一回休むと返金してもらえるか、てきなすごいこと言ってくる生徒がいるということはさんざん同業者から聞きます。そこ傷つくが(私たちはびっくりな前時代的師弟関係を経験しているので)それは返してあげたらいいと思う。それはこちらの損にはならない。払わない側の損になるということが、そのうちわかる。絶対わかる。そこがこちらの力量である。
・・・・・・・・規定を決めて提示するなら、じゃルール守ればいいわけね、と言われてしまう、それ「文化」の負け。
・・・・・
そんなことで「ゲージュツ」を教えるのはやめよ、もっと言うなら宗教もだめ、政治もだめ、医者もだめ、それらは人の「シアワセ」に直接資する「仕事」だからです。
いやならきちんと「賃金」が払われる仕事に就けばいい。「保障」もあり、年金の計算でもして生きていくといい、でもそれはわれらゲージュツをになう河原乞食のすることではない
われらは時給で払われる仕事が所詮できない「外側」(アウトローとまではいわんが)の人間がやる仕事だと心得よ。
で、だからといって「迎合」もしない「妥協」もしない、というところで自分の修行に打ち込むのが最善の道なのである。
・・・・・・・・
「資質」なんだよね、「自営業」は。
・・・・・・・・・・・・
駒込病院の発達検診の医者とか、近所の整形外科の女医とか。いまでもため息が出るくらいダメだったが、だれしも医者で嫌な思いはしてると思う、なんでだろうか、奴ら「向こう側」な人たちだからそれなりにコミュ障なのはわかってこちらも接してやってるわけだがさ、それに患者もアホがいるから(自分の病状説明できないくらいアホとかメンヘラとか、そらめんどくさいよ、はげーーーとか言いたくなるだろうよ、君たちの「階層」だったらあり得ないほどのアホウが「客」で来ることもあるわけだよ、でも自営業ってそういうものよ、困ってとりあえずあんたの「専門知識」に頼って来てるんだから、そこ「権限」もあるんだから頑張ろうよ、なんのために難しい試験を通って勉強してきたのよ?そこ嫌なら「接客」やめてよ)
・・・・・・・・・・・
いいお医者さんもいるんですよいっぱい。いい声楽教師だっていっぱい(?)いるんですよ
・・・・・・・
自戒だわ。自分の収入のために生きちゃだめだわ。
「幸せを守るのではなく 分けてあげる」松崎ナオ「「川べりの家」
結果収入があっても、こうやって惜しげもなく税金払ってるし。いい仕事してくれよな政治家等。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みんなだめだけどいい

 島尾敏雄の「死の棘」を読んだことがありますか?
・・・・・・・・・
 「文学」なんか読む人間になってもらいたくないので、子どもたちが生まれたとき、ぜひ「本」などに頼らないような人生でよろしく、と思いましたが、願い叶い、本など読まない人達に成長。
・・・・・・・・・・・・
 しかし、むしろこの頃、商売上しょうがなくフェースブックなんか見てると、「文学」でも読まないとやってられねえよな、「1タス1は2だ」と本気で考え大声で発表してるバカ、と誰が言ったかな、トーマスマンかドスト。
どうでもいいけどドストとか読んでくれよ、お願いだから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「フェイスブック上」な脳みそで考える、ひとつ前の物差しで考えないように(マクルーハン)とは理解しているが、気味が悪い。
・・・・・・・・・・・
ああ、うたやっててよかったわ。
・・・・・・・・・・・
「良いこと」を考え公表し宣伝し皆で認め合い
・・・・・・・・・・
気味悪。
・・・・・・
貴方の「イノセント」については了解っす、でも生きてるっていろいろ「余り」が出るでしょ、それを「文学」やら「音楽」で解消することになるわけですが、そういうの難しいから、とりあえず「いけにえ」的なものは「タダ」でコスパいいところで調達。職場等で「いじめ」もやってるけど、ちょっと後味悪いし・・。まつい棒とかはげーーーーーーーとか。とりあえずこいつら「バカ」で自分からそこに入っちゃったわけだし、いじっていいよね?
・・・・・・・・・・・・・
わかりやすく容姿、お金、学歴コンプの餌食。
・・・・
わたしも貧乏なので、オペラに行くよりそういう「タダ劇場」見ちゃうけどさ。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・
音楽文学の価値ってそこですよ。もっと芯から、そうか、「みんなだめだけどいいんだな」とわからせてくれると思う。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いやいやお久しぶりです。うたいましょうこんな時こそ。

 暑い!!
・・・・・・・・
 働けないだろー!!と思いますが、日本人は我慢強いです
そして私も我慢の権化です。
・・・・・・・・・・・・・・・
 いや、しかし・・
・・・・・・・・・
 来月2週間くらいイタリアに行きます。
いま少しわかってきた「その先」に行くに今がいいだろうという先生の意見です。修道院のようなところで毎日レッスン。
飛行機も嫌だけど、死んだ気で行くわ。
・・・・・・・・・・・
さすがに前よりイタリア語もわかるはず(命令形が言えないレベルだが)そして毎度不思議だが、イタリアに行ったとたん、人格が変わるわたし
ほっとする、というのが近いかな。それって単にしがらみがないからだけだと思いますが。
そこで働いてるわけじゃないし。誰だって「いい人」、働かない限り、家族を作らない限り、子どもを作らない限り、でもそんなのいいか?
・・・・・
じゃ、回避した人が「いい人」なわけ?
・・・・・・・・
全部やる、全部やって「しょうもない人」になった挙句、「自分」になる、
・・・・・・・・・・・・
ふん、何難しいこと言ってんのって、難しいこと考えろよ、ばーーーーーーーーーーーーーーか(by真由子)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イタリアって
・・・・・・・・・・・・・・
 列に並んでいても後ろからせっつかれない感じ、あるいは列が作れない感じ、それがいいんですよ。私は日本ではきっちり列に並ぶし、マツモトキヨシで列を乱す中国人とか「は?」と思うし、成城石井ではドキドキしながら小銭を握ってTDポイントカードも先に出して 
・・・・・・・・・・・・・・・
 ドバイというアラブの国経由で行くが、いやだいやだといってたら、生徒さんたちは皆さん国際派で、それは「いま」な行き方、エミレーツ航空というのもCAが美人なそうなんですが(いらねえサービスだっちゃ)であるならイケメン航空とかもぜひ。結構飛行機好きになるかも。イケメン、け、と思ってる私だが、いろんなバイヤスが取れれば、そらイケメンいいかもしれねえ、60なのに30代だっていってた繋ぎ融資の女王って、アンチエイジングの本質を考えさせられちゃったよね。きれいに年取るって難しい、旦那にサスペンスな人、あと運転手にけり入れてる人、どちらも「お母さん」に似てると子らに言われて哀しいが(確かに、ぼけーーーーーーーくらいは毎日、オペラ調で)でもそのつなぎ融資の人の背中がきれいだったなあ・・
・・・・・・・・・・・・
で、パスポートの写真を撮りに行ったら、なんだーーーーーーーーーーはげーーーーーーーーてないが、いや、これを数時で持てないかも。
で、「嘘写真」を撮ってくれるオプシスに行きました。別にどうも微妙ですが
セルフイメージの話ですよ。みんなの思ってるような「みんな」なんかになっていないが、それをぎりぎりまで修正するのが
・・・・・・・・・・・・
声楽、なのかもしれませんね、は。
・・・・・・・・・・・・・
でも飛行機11時間、心から通路側がいい、世界はいまだ広いのですね。ふ、ふ、ふっ

総勢31名熱唱でした。

 6月18日の発表会
・・・・・・・・・・・・・・・・
一日ホールが取れたので、2部構成で総勢31名、各少なくとも2曲から3曲、重唱だけでもたくさん・・(共演者が優秀すぎるもので、バリトンに13曲も振ってしまいました。申し訳ありません、これ全部やれる人など日本にいないと私は思いました、あと100曲近い曲をすべて弾ききるピアニスト、人使いがブラックすぎですが、こんなことできる人を他に知りません)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さんの意欲が・・・意欲的な人が集まっているのか、私がそうさせているのか今更不明ですが、声楽ってそんなに流行っているジャンルなんですか?
・・・・・・・・・・
所謂大御所の先生の門下発表会とかもちろん皆さんうまいんですが、普通に「趣味」な教室でうちよりうまくなっているところなんか絶対ないと思います。
・・・・・・・・
そういう自信のある発言はしない私ですが、今回はもう確信しました。
・・・・・・・・・・・
今回自分もうたったんですが、これもちょっと死闘でした、というのはかなり発声を変えたので、いや、しかしそれはこんなたくさん教えていてしかもうまくしている私がいうのもなんですが、ほんとに「うたうことがよくわかったわ」初めてうたうことに確信が持てたといってもいいかもしれない。
・・・
考え続けたことのなにか答えのようないくつかの音が出せたので、課題などまだゴミ屋敷くらいにあるとしてもだ。
・・・・・・・・・・・・
音楽は(ピアノですが)好きでお肌に障らないようにはやっていた私ですが、子育ての合間にお家できれいなお仕事(そんな認識持ったことないが)的なさ、しかしいつの間にやらもう「手段」でも「目的」でもなく「全部」になっていました。全身でのめりこんでしまったのはむしろ先生の私の方でしたね
・・・・・・・・・・・
「セロ弾きのゴーシュ」みたいに。熱心な生徒がよなよな押し寄せてきて、ああだこうだと真剣に取り組んでいるうちに「みいらとりがみいらになる」、ちょっと意味違うか。
・・・・・・・・・・・
人はうたがうたえたくらいで十分に生きて死ねる、そのくらい幸せな生き物に神様は創ったのであるね。余計なことしなくていい。
・・・・・・・・・
それが皆で理解できた一日でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鼻腔共鳴

 鼻腔共鳴って、ある人ない人に分かれるのはなぜなんだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の「先生」などになると、鼻腔が共鳴しない人間なんかいない、と思っているようだが、「ね、ね、ホウツキ、そんなことできない人いるの?」いやいや・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鼻腔共鳴させたい欲。というのは生まれたときから1年半くらいはみなできたことなので、原始回帰というか、戻ったから「解放」というのはあまりに安易だと思うが、「雰囲気」としては
今の私は「本来の私でない」のでそこからの「解放」を何となくね、人は目指してます。今の「してやられてしまった自分」を「本当の自分」に戻したい、という言説が流行しすぎてはいます。本来の体、ナチュラル思考、本当の自分、それらは何兆円産業であるから。宗教なんかもそこですね。もっとバカだと本来の日本、とか。それなら「自分」にとどまっていてほしいです。
・・・・・・・・・・・・・・・

ほんとうのこえを見つけてみませんか?(げ、そんなタイトルの本書いたですね、いや嘘ではないんですよ。ただそんなに「今ある我」を否定しなくてもいいのでは、と思っているんで、その鼻腔も共鳴しないし、声も落ちちゃってうたもうたえないし、ぼそぼそ隣人と軋轢がないくらいしかしゃべれない自分、っていうのも愛してあげようではないか、少なくとも私はそんな人だし、それで十分だけど、なぜかうたうことを始めてしまったってだけです。で、やろうとすればどこからだってどこにだって行けると思っているので、それは偏差値45からの東大受験みたいな、それのお手伝いをして利ザヤを稼いでいるわけです)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも鼻腔が鳴らないにはならないだけの履歴がその人の中にあり、それをいくら表面で嫌っていても「それでできているんだから」そうそうは変わらないです。
その戦いは、「あなたがなりたいあなた」と「なっているあなた」もしくは「なっていしまったあなた」なんかとのせめぎあいになるので(本人も気が付かない、あるいは気が付きたくないあなた、との戦いになります)レッスンは毎度白熱します。
・・・・・・・・・・・・・・・
では鼻腔共鳴などという言葉も知らなきゃ「声楽」をやろうなどともしていないが、なんか「鳴っちゃって」半ば困っている(周囲が)な人、
それは初めから鳴っている。練習なんかいらないですね、むしろ「練習」の意味不明。
・・・・・・・・・・・・
ま、だいたい「いい生活」してます。
の意味は、例えばうちは毎日生フレッシュジュース圧縮絞りの出る家ですがそれ持っていくと「おいしいー!」を鼻腔からだけ言うので、持っていく人はすごくうれしくなるので、毎日いろいろ工夫したりして(ちょっとイチゴなんかも入れたり)貢いでしまう件。この人の「わあー!!」が聞きたくて周囲が「努力」してしまうという・・。『「努力」しないでなにか貢いでもらいたいなら鼻腔共鳴を鍛えなさい』という本を次回は出す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、それは私の母なんだが、共鳴半端ないわ。私は嫉妬してきたんだと思う、あるいはそういう「天然」を嫌ってきたと思う。
才能っちゃ才能だが、別に声楽家でもないし、こうなるとただのうるさくて根性だけプリマドンナの迷惑な人ではあるよね。いや、ほとんどの私を含め上の空いていない(業界用語)芸能とか舞台とか不向きなフツウな人にとって「癇に障る」わ、でもそもそも
・・・・・・・・・・・・・・
上が空いてないなら「観客」に回ればいいだけで、どうしてできるなんて思えるんだろう?そういうの「夢」って言ってもいいよね。出来ない分だけ夢がある。明日は出来るだろう、の「幻想」で22年もやってきたが、夢いっぱいで楽しい人生。もうちょくちょく書いてて恥ずかしいが、最近調子いいいのと、かなり視点を変えているので、またまた楽しい展開。永遠に真実に近づく漸近線。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
出来てしまう、というのは自覚もなければありがたみもない癖のようなものだ。
・・・・・・・・
もう一人空ききってしまった身近な人がししろーだが、おかあさんとししろーは実はよく似ていますね(B型だし)
この人は田舎で「真面目」に暮らしてきたんだが、例えば新聞配達などしてこずかいを稼ぐ小学生。歌舞音曲などに縁はなかったのだが、「そういうこと」に飢えきって東京に出てきてもう声楽をやるとかそういうこと全部吹っ飛ばして「いきなり鳴ってます」
・・・・・・・・・・・・・・
でも二人とも、それじゃただの枠の外の人。つまりそれを「商品化」できない場合、けっこう「しょうもねえ」から人は「そうならないように」してるということもフツウの人々の鼻腔共鳴を妨げている一因ですか。鼻腔共鳴してる人って、自分鳴らすチャンスをいつも狙っているので、まともなこと出来ないし、また鳴ってればほぼ満足なので「向上心」がありません。
・・・・・・・・・・・・・・
発表会のプログラム作ってて怖くなった。終わるかな?いや終わるわ。2時から9時。6月18日。入場無料文京シビック小ホールです。ほんとみんなうまいけど、みんな自分に満足してないよね。そこが絶対いい。まだ無い、と信じられるものを手に入れよう、手に入るだろう、と思って努力すること以外に
・・・・・・・・・・・・・
生きてる実感てあるんでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アメリカのポチ

発声の癖を直すのは至難だが、アメリカの癖を直すのも至難だな。

挑発しといて「手を出したら最後」叩きのめすというのは、パールハーバーしかり使い古された手法だが、またやるんか。
日本が悪い。「成功」しすぎたよね日本の統治。でもポチはおりこうに見えて実は奴らの本質「自動車」というプライドにかみついたりして、ほらほら脛を飼い犬のポチに噛まれてまっせ。
いやいや、日本人偉いわ。
でも安倍ちん、って「ほんとにポチ」になろうとしているのではないか?それ恐ろしいわ、大丈夫だよね?わんわん、とかいって後ろの方にいればいいんだからね。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
一回目「フィガロの結婚・音楽婚活パーティ」満員御礼。2回目もよろしく。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
戦争はことのほか儲かるからね。
誰だってやりたいだろうけど、海の上ででもやってくれないかな、か、誰も住まない島の上を空爆するとか。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
平和の元は想像力だよね。もし「そこ」で生まれちゃったらどうするわけよ。
私は「ここ」で「わたし」であることなど高校生のころから懐疑的だからね。
「そこ」で「あなた」であったかもしれない、という想像力。
。。。。。。。。。。。。。。
萩尾望都「メッシュ」を20年ぶりくらいに読んだ。
というのは、漫画ファンの生徒に貸して、それが戻ってきたのでちょっと読んでみたということなのだが、またはまってしまった。
「先生、この一巻は私が生まれる前の刊行です」と言われ、そうか、私はもう高校か大学か行ってたね。
ほんとにこれ読んで久しぶりに思い出したけど、わたしはこの中の「ミロン」という画家が好きだったんだが、第一印象の
ししろーが似ていたんだが、ゆえにいろいろと美化してしまったが、「少女漫画」好きの世間知らずの蒙昧でした。
。。。。。。。。。。。。。。
とんだ「ミロン」だったわ
。。。。。。。。。。
でも「勘違い」や「美化」や「蒙昧」がないと結婚なんか出来ないからね。
いろんな生き方があっていいに決まっているが、結婚しないのは「みっともない」と思っている。いつまでも結婚してるのも「みっともない」と思ってるけど。
。。。。。。。。。。。
怒らない怒らない、冗談だってば。「みっともない」なんていう言い方が「世間体」から成り立っているものなんだから、そんなの無視!といいのけてしまえばいいのさ。
でも、「それほど人は強くない」、とか馬鹿に言われてしまうものの本質、「アイデンティティ」のようなものと無縁でいられるほど、ほんとに人は強くないんではないかな、
少なくともわたしがわたしでわたしでいられるほどわたしは強くなかった。
。。。。。。。。。。。。。
「個人的同一性とは「私を何者であるかをめぐるわたし自身の観念」であり、社会的同一性とは「わたしとはだれであるかと社会および他者が考えている私についての観念」である。他者の観念について知りうることには限界があるから、もっと正確に言えば社会的同一性とは「わたしとは何者であるかを他者が考えていると私が想定する私についての観念」をさす。このふたつの間にはずれがあるが、これが一致した状態がアイデンティティの安定した状態であるし、この間に不一致が起きるとアイデンティティの危機が起きる・・・ 「脱アイデンティティ」上野千鶴子
。。。。。。。。。。。。。。
ミロンは婚活サイトを半ば仕事にしており、それも月曜日に名札を買って、火曜日に名前を書いたーくらいな「一週間」。
でも今ほんとすこぶるうたの調子がいいから、「そのほか」は半ばどうでもいい。でも昨日は家庭内大戦勃発だったが、いつもは10時ころ息子が帰ってきてたいてい一時停戦するんだが、昨日は徹マンだったからね。
今の子はおりこうだね。「今日は徹マンを学校終わってからお友達と歩いて上野へ行ってやってきます、帰ってから一回寝てその後バイトに行きます」とか幼稚園児みたいに報告してくれるので
こちらもどこまで武器弾薬を仕込めるか前もって準備が出来る。
。。。。。。。。。。。。。。
そんなことしているなら明日のピアノの練習でもしなさいよ、だわね。あした生徒の沖さんが6曲うたうんだが(いいうただよー)予算の関係で伴奏はわたくしです。すみません。いきなり謝ってしまうが、実は私は自分のピアノが大好きです。ピアノに愛されていないだけです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。