宝槻美代子オフィシャルブログ

ジャコモ君

当教室は、イタリアに開かれた教室にしよう、と、こんなイタリア語の出来ない先生だが、考えているわけですよ
島川君(テノール)に紹介され、日本に勉強できているジャコモ君に月1,2回、これは何ですか、どこはどれですか、私は誰ですか、どうしたらいいですか、それがどうしましたか
などいろいろイタリア語で質問もできるし、うたの例えばレチ部分を発音してもらってもいいし、でご利用ください。
・・・・・・・・・・・
先生は文法用の先生と約2年も文法をやっており、未来形まで言えるはずですが、相変わらずこれはなんですかいくらですかどこにすんでるかおいくつかなにをしましたかしてませんかできますかできませんか、くらいしか聞けないのですが、答えられても、はいはい、くらいで先に続かないのも悩みの種です。で、先生だけだと気まずい(私はあのガイジンのしゃらーっと間を怖がらない態度が心底恐ろしい、へらへらしないのよ)
ので、毎度生徒さんに門戸を開くといえば聞こえがいいが
・・・・・・・・・・
助けて、次回3月15日夜6時半から1時間、かかった金額をみんなで折半、2000円くらいかな、集まった人数によるが。来たい人はメールください。マックス4人くらいまでであろうか、私も生徒だが。たぶん前回の一人は参加なので、あと2名程度募集。
「しゃべれる」というようなことも大事だと思うのですが、私が勉強したいのは「音」です。イタリア語の息の流れと、母音の位置。子音の捌き、などはやはりイタリア人に聞いた方がいいと思うよ。聞くだけでもためになります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬のオリンピックは日本人が随分活躍しており、その優秀さに誇らしい気持であるが(ショパンコンクールのファイナルに何人も残るとか、オールラウンドな活躍日本人、なぜなぜそんなに何でもできるの!!)
・・・・・・・・・・・・・
しかしそのピヨンチャンで金銀銅取るような皆さんのインタビューを見ると、なんか「子どもみたい」なんですね。
・・ええええ、な「言葉」とか「メンタル」(その地元の町内会みたいなものも映るんだが・・こんなところから・・・と世界が驚愕してるのではないでしょうか、日本。何がすごいって、そこからここへの跳躍の意味が分からない、当然血のにじむような練習もしたでしょう、最新鋭のデータに依った練習も下でしょう・・しかし「世界」に伍していくのに、「こんな感じ」なんですね、優しいというか・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本のすごさを再度確認。
。。。。。。。。。
世界は震撼していると思う。どうしてこんな子どもっぽい人たちがそこまで行くのか。
・・・・・・・・・・・
もしや本当に味噌汁の力だったりするのか?大豆たんぱく恐ろしや、ほんだしかつお、とかでもいいのか?だし力なのかみそ力なのか?いや、白米なのか?「かあさんのうた」のようなおかあさんの無私な態度ゆえか、地元の「絆」か。
・・・・・・・・・
だとするなら、猛禽類みたいにしている「ガイジン」のみなさん、なにか日本から学ぶことも多いのではないでしょうか。ノーベル賞とかも取っちゃうしね。
日本語が難しいからかも。 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

インフォ

またも広告費に月3万もかけてるというのになんにもいじってない自分のブログにアクセスするのに時間がかかった。
・・・・・・・・・・・・
広告だからいいこと書くけど、やっぱりうちの教室はすごい。どうすごいとか写真を使ったり、もっといろいろな宣伝をした方がいいのだと思うが、中身の方がブログよりいいと思うので、ぜひ一回来てみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
集まってくる生徒が、自分の良いところがんがん伸ばせるのは何でかというと、先生がいいからだろうが、先生というのはそういう界面活性剤のような役目なんですよ。
・・・・・・・・・・・・・
改ざんフィガロの結婚を3回もやります。発表会もあります、ぜひ見に来てください
改ざんフィガロの結婚 3月24,25、4月21、共に文京シビック小ホール 7時半開演。発表会3月18日 昼の部1時半から、夜の部7時半から 台東区ミレニアムホール。ここでは私もうたうかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お久しぶりすぎです

ごめんなさいね、気になってたんですが、新年からブログ書いてませんでした。
もっと写真なんか入れて、短文でいいんですよね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと心を入れ替えて
・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近必死でさらっているモーツァルトで、涙涙の了解・・
ああ、人生が苦しいときこそ音楽が救ってくれる運命なのかもしれません。
今言える知見はちょっと「すごい」と自分だけで了解。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
逆に言うと、こんなこともわかんねえでよくこれで今まで・・
私はうたはとても苦手です、まだピアノの方がましだが、本当は「普通の奥さん」というのが一番向いてたかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
でもやはりそんなのになりたくないのでやってきたわけですが、「普通の奥さんの冒険物語」にしかならないなら
哀しいじゃないですか・・・・・・・・・・・・
ちょっと抜けられるかも「そこ」から
・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分の「音」で抜ける。
・・・・・・・・・・・・
もしかして、あけましておめでとうございます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、よいお年をお迎えください

滑り込みですね

私は大掃除、お節料理などはきちんと作るので、そして紅白歌合戦などもちゃんと見ます。

このジェンダーフリーな時代、赤だの白だの、だいたい白かどうか怪しい白も・・。

でも白組優勝。

いろいろあった今年、生活面はいろんなことありすぎ、でもそれはいつもそうだったかも、でもうたが格段わかるようになった。イタリアにも行ったし、うたさえよければあとは見逃せるな。
そんな一つを見つければ人生、なんでも大丈夫なものです。
・・・・・・・・・・・・・・・
もうすぐ年越してしまうので、では皆さん良いお年をお迎えください! 2017・12・31

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〆の会

〆の会 12月16日 総勢30名参加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お疲れ様でした
そして今回もまたバージョンアップというか、皆さん出来る限り「外側で」何かをやろうというあっぱれな・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フツウに生きてて、老いて死んで、なんだばかやろうですが、わたしはそこに一石を投じたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
いや、もう宣伝でもあるが、わたしはこの教室に入ったほうがいいと心から思います、私なら入ります
人生、「そんなこと」でいいですか?ぜひご一緒しましょう
・・・・・・・・・・・・・・・・
歳も関係ありません。20代から80代まで、わたしはうまくする自信があるが、それはうたをうまくするというより、「気」を循環させるようにする、とか、
そういうことに「懐疑的な」あなた(私)こそ、「そういうこと」に苦しんでいるのではないかな?
・・・・・・・・・・・・・・・
壺買ったり、印鑑買ったり、へんな宗教に献金するのも、金は天下の回りものですからいいですが、その前にうちにも来てみませんか?
もしかすると、、何か人を変える力が私にあるのかもしれないな、変えるというより、力を引き出す力、であるなら私はこの自分の能力を静かに追行したいです。
・・・・・・・・・・・・・・・
なにか神がかっちゃったのは、〆の会が素晴らしかったからです。
皆さんの梁山泊であれるように自身も鍛錬して行きます、いつでもうたは私の神ですか、心血を注ぐことが「日常」以外にあることに心から感謝するものです。
・・・・・・・・・・・・・・
日常、はギャンブルだからですよ
・・・・・・・・・・・・
恒常性のようなものがほしいなら、「神」を見つけることではないですか?
・・・・・・・・
うまいとかへたとか、どうでもいいわ。信じることと努力を怠らないことではないかな。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

介護と赤塚の世界

すっかりばあさん(実母)がぼけてしまい、毎日なんか変なこと言ってくるのに耐えていますが、さっき「ワンワン!」とか犬語で話したら、この人は私より「上が空いている」ので、「ワンワン」とイタリア語くらいの位置で返事。
「本当のワンちゃんにはなれない」などと変な反省がおかしくて、娘と笑い転げましたが、赤塚不二夫の世界だわ。
・・・・・・・・・・・・
介護施設の入居など考えるのは「家族」の悪い癖で、独り身なら野垂れ死にできる、と上野千鶴子は言ってます。赤塚不二夫の世界を共有できないのは、真にこちらの力不足であろよな。
家族の「真面目さ」があだになってる。
・・・・・・・・・・・・・・・・
だって、こっちは「生活」があるんだから、とか、くだらん。確かにくだらん。トランスしてしまった人をこちらに取り戻す必要があるのか。それはこちらのみみっちい事情であるね。めんどくさい、が一番。みっともない、もあるか。でも生きてるってみっともないだろ。「その線」踏み外さないように細心の注意を払って生きていくことがいったいなんだ。
・・・・・・
子育ても介護も「哲学」だと思う。哲学の果ての赤塚不二夫。赤塚ってほんと哲学、初期からの読者。すべてをメタせよ。ペットのタコを喰う話とか、お金の地図とか、もう素晴らしすぎて、どういうことなんだろう、赤塚・・。
あっかんべ平連なのだ。それでいいのだ、これでいいのだ。
・・・・・・・・・・・・
わたしは「子育て」などない、と言ってきましたが、「介護」もない。と言いたい。それでいいのだ。
・・・・・・・・・・・・
それ「引き受ける」ものの「善行」について考える。偽善、依存、そんなもんもあるだろよ。仕事しろ仕事。「自分の仕事を全うせよ」それが一番つらいから、人は「家族」に頼るのさ。それを「絆」とか言ってろアホ。
でも私は気弱な偏差値50くらいなアホなので(ヒトなんか偏差値で測れるよね。しゃけだって肉だってうまいのまずいのって値段だよね)でも偏差値70を超えると危険水域だね。赤塚の世界の人もいる。フツウに「いい人」で「真面目」くらいなら57くらいがちょうどいいよね。40切るのも危険水域。そこも赤塚の世界。
・・・・・・・・・・・・・・・
子育て、介護関連には同じいやあな感じがあるが、バカが跋扈するというか、わかりやすいからね、そこ。
呉智英がどこかで言ってたが、そういう「ケア」の対象になりたくない、老人施設に入ったらなんで「童謡唱歌」なんかうたわなけりゃならん、「トゥーランガリア組曲」が聞きたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トゥーランガリア組曲、誰の作曲でしたか、お調べください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月。
・・・・・・・・・・・・・
ここ3年、いろいろ年末辛いわ。私が愛してやまない晩秋というのに。
・・・・・・・・・・・・
先週ししろーと共に東大にばあさん(実母)を車いすに乗せて散歩。なんてきれいなんだろう銀杏。いまほんとに密かに東京大学の銀杏は。
ししろーともあと2日でお別れだが(仙台に帰る)ばあさんも嫌がってたり寂しがってたり、そんなもんさ人は。
・・・・・・・・・・・
私は寂しいなんてものじゃないが、先に進もう。
わからなくなったら「基本に戻る」
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 もうどうしようと思ってたモーツァルトに救われ。
ここ(今日で)4日。抜群な「位置」を見つけ、ありがとう。こんな時一つだけ「ご褒美」をくれるんだ、うた。
先週水曜日の二期会の練習でひどく(「美女と野獣」の下がうたえない・・)かなり落ち込んでいるところに、
・・・・・・・・・・・・・・
そうか、一つだけ、それもやはりモーツァルトなわけですよ。基本しか問わない。
・・・・・・・・・・・・
うたって、私の生きてる全部なんでしょうね、ほんとに今更ですが。そういう一個見つけられて幸せです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文京区の宝槻美代子音楽教室の講師によるアットホームなブログをご覧ください

文京区で人気の声楽教室・ピアノ教室、合唱教室を運営する当教室のブログでは、丁寧できめ細やかな指導で信頼ある講師が日常のエピソードや、音楽にまつわるお話を楽しく語っております。講師の素顔も垣間見ることができるブログとなっておりますので、受講生の皆様をはじめ、ご入会をご検討の方もぜひご覧ください。
宝槻美代子音楽教室では初心者の方から音大受験対策、主婦の方やお仕事をされている方、リタイアされた方まで世代やお立場を問わず、目的に合わせて楽しく学んでいただけます。
発表会や音楽教室に通うメンバーとの交流会など、音楽が好きな方が集い、楽しめる機会やご自身の歌やピアノをご家族やご友人に披露する機会なども豊富にございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。